Photo♥mama おててくらぶにて
次期開催のPhotomamaスタジオおててくらぶでの 
開催の詳細が決定しました。

ビギナー編、アドバンス編ともに開催します。

ということを、おててくらぶさんのスタッフEmiさんが
ご紹介くださっています。

こちら→ http://ameblo.jp/studio-oteteclub/entry-11498151816.html

ありがとうございます。
スタッフのEmiさんがご参加いただいた際のすてきな写真も
ご覧いただけます。

先日3/21に
ビギナー編、アドバンス編ともに12クール目が終了しました。

おてておくらぶ開始からPhotomamaビギナー編は
ずっと続けさせてもらっています。
1年半以上になりました。
このたび、2ヶ月お休みして6月からのスタートとなります。

アドバンス編は続けて学びたいとおっしゃる方が集まれば
という形でしたが、この度、2期連続で開催が決定しました。


今回のアドバンス編の参加者様から
「ビギナー編よりぐっと写真に入り込めて楽しかった」
と言ってもらえました。

そう、ほんとに言いたい写真の魅力はやはり
基礎知識を経て、そこからスタートすると思います。


アドバンス編。
「ほんとにここまでママたちは知りたいのかな~」と
思っていた部分もあったのですが、
みなさんの写真をみているととてもすばらかしく
鳥肌がでます。

やっぱり楽しいです。



d0166014_820673.jpg




この写真、アドバンス編で見せていただいた参加者様の
セルフポートレートの1枚です。

コンセプトを持って撮影する。
ということを実践していただきました。

「今の私には子どもが居ないということが考えられない」と
お子様の手を握っているご自身の手をセルフで撮影されました。

※大切な写真ですので無断での転写、転用をしないでください。


この度の募集は6月開始の高槻スタジオおててくらぶです。

お子さまを可愛く撮るための、ママのための写真講座。
初級編。

講師:増田えみ

全5回 10,000円
★6/4(火)・6/18(火)・7/2(火)・7/16(火)・
最終回は夏休み開けの 9/3(火)
 
 10時~11時30分


中級編。
講師:増田えみ

全5回 10,000円
★6/4(火)・6/18(火)・7/2(火)・7/16(火)・
最終回は夏休み開けの 9/3(火)
 
 13時~14時30分


どうぞよろしくお願いします。
これまで受講された方でレッスンをお休みされた方も
再受講いただけます。

お申込み、お問い合わせはこちらまでどうぞ。


studio☆otete-club.com  ☆を@に変更。


※4月開講は茨木りんごぐみさんで12回コース。
こちらは募集は終了しました。


次の記事でPHOTO524の日の募集開始をご案内します。
[PR]
# by photomama | 2013-03-26 08:21 | Photo♥mama Info
写真展をします!
お知らせです。
2ヶ月後、5/22から個展をします。6/2まで。


d0166014_16133736.jpg




東大阪の石切神社近く、コマカフェさんのマンスリー企画で
ギャラリースペースをお借りすることになりました。

1週目は「mama & baby」の写真を、2週目は「姉妹」の写真を展示します。

「ママも一緒に写っている写真」が少ないとの想いから、
母子をテーマに2年間撮り続けてきた中からの、よりすぐり作品と

「姉妹」は日々の子育てからママの目線で日常にあふれる輝きを
テーマに、撮りためてきた私の宝物たちです。

ママと子どもの愛のこもった目線をテーマにした写真展。

ということで、頑張ります。

今は告知のためのDM作りなどしています。
展示はかなり久しぶりで、そわそわします。

コマカフェさんは新石切駅近く。
ギャラリースペースのあるとってもすてきなカフェです。

オーナーの西田さんは先輩でもあり、デザイナーをされています。
カフェは主に奥様がされています。
西田くんもたまにはお店にもいらっしゃるようです。
同じ年頃のお子さんもいらっしゃるので
話題もつきません。

これまでにも何度か伺って、
ご飯やスイーツもいただきましたが
とっても美味しく、丁寧で居心地がいい所です。
奥さんがそういう丁寧な暮らしをされる方なんだろうなーと
思います。

月曜、火曜はお休みで、11時から16時までと
まさにママ活動時間内の子育てスタイルなお店です。

また追々、ブログでもご紹介していきます。
どうぞよろしくお願いします。


そして今年はこの展示期間に
PHOTO524の日。5/24があるので、
何か企画したいなと思っています。

6/2にはお子様と一緒に写真に触れる
イベントもさせてもらえるんです。

とても楽しい時間になりそう。
期間中毎日は居ませんが在廊日を決めて
なるべく居るつもりです。

今年の年賀状の写真もコマカフェさんで撮りました。



d0166014_16153022.jpg



[PR]
# by photomama | 2013-03-22 16:18 | PHOTO524 Info
卒園式にて
長女、5年間保育園に通いました。
1歳から、6歳まで。

1歳2ヶ月から2歳8ヶ月くらいまでは
私は外に働きに行っていました。

決まった時間に電車に乗って行き、
残業はなく、時間になったら帰る、決まった日がお休み。

その後、自分で開業することにしました。

自分で仕事をする方が遥かに仕事量が多いです。
PHOTO524は今年で3年目。
依頼をいただける撮影はなんでもしてきました。

そんな中、
保育園に甘えて子育てしてきたなーとつくづく思います。

保育園で給食があるから。お昼寝があるから。
保育園で季節の行事があるから、
体育があって、プールがあって身体を動かしているから。
食育でご飯を作ったりする日もあれば、工作をしたり。

と家ですることもしてこなかった。

たくさんのお友達がいて、小さいころから家族のように
一緒に寝て、着替えて、ご飯やおやつ食べてきた仲間がいて
みんな下の名前を呼び合って楽しそうにしているから。

と安心して来ました。

朝は7時半に門が開くのを表で待っていた日もあるし、
一番最後にうちの子だけが姉妹で遊んで待っていたこともあります。

もちろん、間に合わない日は
お姑さんにもたくさん子どものお迎えをお願いしてきました。

一人では到底、仕事と子育てを両立なんてできません。

卒園式はそんな甘い生活からの親への卒業の儀式なのかも
しれないなと思いました。

卒園証書を授与される際、
壇上で親と対面式に座っている子どもの名前が呼ばれると
「はい!」といい返事をして降りて来ます。

その後ろに保護者1名が出て同じラインを続いて進み
子どもが受け取るのを真後ろで見守るシステムでした。

園長先生に証書をもらうと回れ右して、そのまま親に手渡します。

その後、お花を一本渡された子どもが、
親に、しかも一言添えてまた渡すという
まさに親のための卒園式の演出でした。

みんな概ね、「ママ、いつもありがとう!」的なことを
言うのですが、声や言い方などを聞いていても微笑ましく
しみじみ。涙がでてくるのです。

これはちょっと反則。

で、私はいつも通りカメラを持って、順番を待っていました。

子どもが証書を受け取るとき、真後ろから写真撮ったら
不謹慎かな~と思いつつ。
あー撮りたいな、どうしようかな...と悩んでいたわけです。

当然、そんな場面で写真撮る親はいないんですけどね。

長女の後ろに立つし、顔は見えないのですが
さすがに前に回り込むのはやり過ぎだろうと思うわけで。

で、まー結論、撮ってしまいました。



d0166014_20201236.jpg






d0166014_20202262.jpg




証書を受け取りに行く後ろ姿はノーファインダーで。
受け取るシーンは4枚だけ、パパパパっと。ゲリラ的に。

いつもは子どもの目線に会わせて
写真を撮りたいと思っているんですが
今日は親として、ここに立っているので
親の目線のまま、子どもの後ろ姿を撮ろうと思いました。

その後、教室で「さよならぼくたちの保育園」
という歌を唄いました。
これ、最近の定番ソングなんですってね、知らなかった。
めちゃくちゃいい唄です。

今度は子どもから先生にお花を渡して解散しました。



d0166014_20212739.jpg




そして、
夜は謝恩会という名の飲み会で夫がヘベレケになった
というのは、また別の話。
[PR]
# by photomama | 2013-03-19 20:23 | Days
すてきなお母さん。
先日撮影にうかがったお宅は2階がリビングという
天井からも光が降り注ぐステキなお宅。

お子様の1歳の記念に撮影をご依頼いただきました。



d0166014_1754845.jpg



イチゴが大好きなHちゃん。



d0166014_17542575.jpg



もっと食べたいという旨を「お!おー!」
という音に込めて母に訴えるHちゃん。

その後イチゴが出てこないとなると、表現手段を
ベビーサインに変えて、訴え続けます。

もう何してても、かわいすぎる。


そして、知っている人は知っている、有名人のTくん。
兄妹。



d0166014_17544670.jpg



Tくんのことはもうずーっと知っているし
ちょっと試しに写ってよ!的なお願いをすることも多く、
事あるたびに撮影してきたんですよね。



d0166014_17574568.jpg



これは、ほぼ1年前のTくん。
このときお腹にいたのがHちゃん。


1年前、Hちゃんが産まれたと聞いて
会えるのを楽しみにしていました。
そして、初めましてのときは抱っこさしてもらいました。

病気したとの話を聞いたら涙が出たな。
うちも次女は生後すぐに入院したりしたから。

でもすっかり大きくなって。
こんなに女の子らしくいきいきと、ベビーサインも上手。



d0166014_1756213.jpg



この後、ぽてちんっと寝てしまいました。



d0166014_17564473.jpg




この出張撮影した写真の感想を
「普段こうやって私は子ども達と接しているんだと
客観的に見えてよかったです。」
と言ってくださいました。

そうです、その写真こそ、私は大事に思っています。


そして、私はなんと言ってもこのお母さんの性格が好きです。

これまでも私が「あ、しまった大失敗!」と思ったときには、
ささっと来てくれて、すーっと助けてもらってきました。

人に気を遣わせずにサポートするのがこんなに上手い人。
そうそう居ないと思う。
もうずーっと前からのお知り合いのような気になる、
居心地のいい人。ステキな人。

きっと、二人のお子さんが
「この人こそ!」とママを選んでここに来たんだろうなーと
撮影しながら思いました。


うちの次女が3歳になる前か、なった直後くらいに
「どうしてママの子になってくれたの?」って聞いたら
「ここがいいかな〜と思ったから」と
ぼそっと答えたんですよね。

この人。



d0166014_17571789.jpg



今は何を言っても返事は「Why?」でこの表情。

Tくんとは同じ学年。
一緒に大きくなろうね!




出張撮影のお申し込みは→こちらをご覧下さい。


HPは→こちらです。
画面右上のお問い合わせからどうぞ。



[PR]
# by photomama | 2013-03-14 17:59 | PHOTO524 Works
親の気持ち。
今週も色々と撮影させていただいたり、講座をしたり
目白押し。

でも、今日はママ業の話。

元来、私はそれほど社交的ではないです。
自分から他人に、それもあまり知らない人に
話かけて仲良くなっていくなんて不得意です。

しかし、こうやって、
写真教室なんて唱ってたくさんの人に
お集りいただいているわけですが、
それは場を作ることで、
自ら割って入っていかなくても、来てくださる。

そして、カメラという共通の話題があるので
困らないし怖くないからなんですよ。

昔はお店なんかで、店員さんがものすごーく親しげに話かけてくると
「逃げる」か、「買う時はアナタに頼みますから」とか言ってしまう
青くさい人間でした。そもそも、喋りかけんなオーラ出しまくり。

今はさすがに「はーい、わかりました~」と軽く返事をしますよ。
これでも第一印象が大切だから!と思って
気をつけているんですよ。仕事のときは特に。

そしてママになって、ほんと色々変わらざるを得ない。

というのも許しがたい出来事がありまして。

それも今回、子どもに対しての出来事だったので。
ずっとおとなしくしていた私も
さすがに怒り心頭しました。

マル2日。寝られなかったです。
布団に入っても怒りが込み上げて一睡もできない。

だから何に怒っているのか?
どう思っているのか?を書き出しました。

するとそれは、素直な「親の気持ち、悲しみ」だとわかりました。

それは、A4用紙に3枚びっしりと、ご丁寧に考察までつけて4枚。

全力で書いて、そのまま相手に全力でぶつけてました。


そしたら向こうも全力で受け止めてくれたように思います。
(私があまりに本気だから、せざるを得ない感じ?)

するとその後、不思議とコミュニケーションが
以前よりとりやすくなったような。気がする。

ま、そこも前向きに受け止められそうな人を
選んで渡してはいるんですがね。

あと、相手の立場やご苦労も想像できるようになりました。

何が言いたいかというと、
怒った→ぶつけた→開けた(気がする)
ということです。理解できたのかもしれない。

ぶつけないと何も変わらない。
「怒る」ということは、ある種相手への興味なんですね。

今までだったら、「なんだあんな対応して!もう二度と関わらない!」
という「去る」「諦める」という手段を取ってきたのにな。

ママになったということで、こんなにパワーが出て
ぶつかっていったら視野が広がった。ということです。

子どもが一つの「譲れないライン」を作っている。
子どもを考えると、新しい手段も行動も、
とにかく何とかしなければ、と思える。

これからもいろんなことがあるんだろうな~。
でも大丈夫と思った。

正面から行けば悔いはない。私は一人でもやるけどね。

こういう問題発生時においては、夫と意見が必ず一致するから。
だから余計にいけると思う。



最近、『抱きなさい 子を /浜 文子 作 』
という詩がFBにあって知ってから、
子どもともっと大切に生きようと思った。

今日は「おおかみこどもの雪と雨」も見たしな〜。



d0166014_2394647.jpg




写真は、cafe ネコパン にて。
[PR]
# by photomama | 2013-03-08 23:10 | Days


カテゴリ
Lesson
Days
Photo♥mama Info
PHOTO524 Info
PHOTO524 Works
photo
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
Link
りんごぐみ
ママとキッズのための癒しサロン

花うたDiary
プリザーブド、フラワーアレンジ教室のNabika先生ブログ

Maimai Kids English
茨木キッズのためのハッピー英会話教室

おててくらぶ
高槻市のママとベビー&キッズのための教室

KIDSmeet DISCO
親子で楽しめる音楽イベントの開催を企画するママの団体
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧