<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
PHOTO524の日
はっと気づけば1週間、ブログを更新していませんでした。
増田は元気です。

今、近所の八重桜が満開です。
4月始めはあんなに花見客でにぎわってた公園なのに
今は誰もお弁当も食べてないし。
八重桜もたくさん種類があって、頑張って咲いてるのに、
次期が遅かっただけになんだか気の毒で。
そんな人の心の移り変わりが気になって仕方ない。

唯一、造幣局の桜だけはこの種類でも勝ち組だと。


で、話は変わって、今日は来月するイベントをご紹介します。

『PHOTO524の日、無料撮影会』5月24日です。

524なので(なぜPHOTO524なのかはこちらに記載→☆


5月24日(木)というと
後一ヶ月を切りましたが、この日に、特に予定がなく
ご自宅に撮影に来てもいいよという方を募集します。

これは、今後私がご自宅への出張撮影をするにあたって
モニターになっていただきたいという想いがあります。

出張撮影に来てほしいけど、おしゃれな家じゃないとダメなのか?
壁紙が古いけど、大丈夫かしら?
という疑問をいただきましたので、
撮影内容を詳しく皆様にお届けしたいと思っています。

今後、多くの皆様に
誕生日や、ホームパーティーなど撮影してほしい!とか
特別な日ではないけど、この次期の写真を残しておこう!
秋の七五三など、同行撮影もしています。

そのためにPHOTO524のママカメラマン(私)を呼べるということ
を知っていただきたいのです。

ですので、募集要項は

・ご自宅での撮影のことや、仕上がりの写真も
こちらのブログで公開してもいいよという方。

・5/24は午後からヒマだよという方。

・基本的にはファミリーの撮影とさせていただきます。
 (お子さんを中心とした家族撮影をしていますので)

・内容は、どんなことでもOKです。
「幼稚園に行き始めた記念」とか、「いつもの母子の毎日」とか。
「おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に」とか。
「寝返りができた、タッチができた」とか「こんな顔やポーズが得意」
「赤ちゃんが何ヶ月かになった」というだけでもいいです。

・時間帯が午後からですので、場所は京阪神に限ります。
 (茨木市より参ります)

・撮影までに何度かメールで打ち合わせをしていただける方。

・応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
結果は5月10日にお知らせ致しますのでその点をご了解いただける方。
応募の締め切りは5/6です

以上7点です。


特別な日も、そうでない日も。
カメラマンがご自宅へ伺って自然な表情を撮影いたします。
HPはこちら→☆



この写真もご自宅で撮影させてもらっています。


d0166014_13361187.jpg



このお家はウッディーなお宅だったので、
壁は使わず、床にこちらから持っていったブランケットを敷きました。


なので1平方メートルのスペースが、床でも壁でもあればOKです。

撮影データは、その場でもノートPCを使用してご覧いただけますし、
撮影したデータはそのまま後日DVDにしてお届けいたします。


無料でなら撮ってもらってもいいかな?という方。
ご協力いただける方。

お申し込みの締め切りは5月6日までです。

なお、応募者多数の場合は抽選となります。
結果は5月10日にブログにて発表いたします。
また直接メールでもお知らせいたします。


お申し込みフォーム こちらから→  お願いします。


携帯の方はこちら→

メッセージ欄に撮影してほしい方の年齢、性別。
どんな写真がとってほしいかを、詳しくお書きくださいませ。

よろしくお願いします。


PHOTO524 増田えみ
[PR]
by photomama | 2012-04-27 13:36 | PHOTO524 Info
桜。
ここら辺の桜はすっかり散ってしまいました。

入学式に桜って似合うなーと思っても、
それってピンポイントの地域のはなしなんですね。

今年はお花見に三回行きました。

その1 ご近所のママ&子どもたちと万博に

その2 夫の会社の写真部の人と撮影目的で

その3 家族で(長女の強いリクエストで)

で、その1は遊んでばかりいたのであんまり写真は撮らず
その2は本気で行きました。(子どもは連れて行ってない)
その3はちょっと北に行けばまだ間に合うと思って今週の月曜に。


合計何枚撮ったかわかりませんが紹介します。
今年の私の桜。


d0166014_0194772.jpg



モノクロです。

こちらはおまけで自前の桜吹雪。


d0166014_0203322.jpg


集めるのが大変でした。

そしてこちらは、撮影に必死の夫。
いろんな意味で危ない!


d0166014_0212352.jpg
[PR]
by photomama | 2012-04-19 00:23 | Days
お宮参りの撮影
こんにちは、増田です。
私は5月生まれなので、春が好きだと思っていましたが
やっぱり蚊がいない、これがイイと思います。

日曜日は出張撮影。
お宮参りの撮影に行ってきました。

お客様とは、事前にメールや電話でやりとりがあるものの
当日、現地で初めてお会いします。
そういうときは、やはりちょっと緊張します。

でも家族構成を聞いていたので、すぐにわかりました。

赤ちゃんと、お姉ちゃんになった2歳のお嬢さん、
パパママとおじいちゃんおばあちゃんの6名様でした。

もちろん、6名様のお写真、
ご家族単位で、おひとりで、姉弟でと
たくさんお撮りしました。

皆で手を合わす写真。
(許可なく使用、転載はしないでください!)


d0166014_22251865.jpg



赤ちゃんってのは身体は小さくとも、存在はとても大きい。

囲む人の心はとても癒されて、和やかにしてくれます。

まだまだ動きがお腹にいたときの感じで
もぞもぞしてはりました。

きっと時間の流れが大人とは違うんですよ。
私はもう30過ぎてからの1年が早すぎる。

赤ちゃんにとっての1年って果てしないんだろうな。

全然、尺度が違うから、1秒がすっごーく長くて
その間に色々なことを考えたり、吸収したり
大人は使うことを止めてしまった脳みその部分を
使っているに違いない。
そう思っています。

ただただ見入ってしまうんですよね。

で、ミルクの間、お嬢さんだけも撮らせてもらいました。

その写真がこちら。


d0166014_22253996.jpg


おじいちゃんとパパに見守られて、とっても楽しそうに
境内を駆け巡っていました。

エネルギーが漲っています。

靴に石が入ったとパパに見てもらっているシーン。


d0166014_22255895.jpg


この左手が自然とパパの肩をしっかり掴んでいて、
それがなんとも子どもらしく、
相手を信頼しきっているって感じがします。

日常の一コマにすぎないんだけど、
にじみ出る幸せがあると思うのです。



こんな風に、皆様の記念の写真だけでなく
(もちろん、カメラ目線の記念の写真もたくさん撮るんですよ)
その日その時の輝きもいっしょに撮れたらなと。
後から見たとき、エピソードがすぐに浮かぶような
そんな写真をたくさん残したいです。

これは宣伝ですが、PHOTO524出張撮影やっています。
記念日も、そうでない日も、撮影に参ります。
詳しくはHPで→こちら☆
[PR]
by photomama | 2012-04-16 22:27 | PHOTO524 Works
ママと子どもの時間を残す
桜がまだ頑張ってますね。増田です。

桜の写真のはなしをブログに書いたので
「で、桜は撮れたんですか?」と聞かれています。

撮ったんですが、もうちょっと精査したいのと
まだ撮りたい気もして、完了したらまたUPします。


今週は、プロフィール写真や親子の写真と撮影がありました。

今日は親子の写真をご紹介します。

こちら


d0166014_735562.jpg



そして、こちら。


d0166014_7394398.jpg



カメラに興味津々。

1歳の男の子とほんとにカワイイママさんです。

ママが見える範囲にいるときは
ひとりでもおもちゃで遊ぶそうです。

そう、ママがいないと不安で仕方なんでしょうね。
それだけ、生命維持に必要な全信頼を寄せる人なんですね
ママって。

客観的に見ると、あらためてそう思います。


我が家は現在、5歳と2歳の娘がいます。
どちらも1歳までは私とべったり家にいました。

どうしても母乳育児がしたかったので
1歳までは一緒にいようと思っていたのです。

私は案外、神経質ですぐ詰まって出なくなったり
長女は最初、なかなか体重が増えないと悩みました。

結局、完全母乳はなりませんでしたが
それでも色々手は尽くしたんです。

次女のときは、ケーキを食べても母乳が詰まることもなく
信じられないくらいいっぱい出てて
2歳直前まで卒業もできずに飲んでました。

次女が産まれた時、夫が
「母乳が出なくてもミルクがあるんやから
そんなに気にしなくてもいいんやで。
混合でもこんなにしっかり育ったんやから。」と
当時3歳前の長女を見ながら言ったんです。

そのとき「ああ、ちゃんとできてたのか、私。」
と初めて認められた気がしました。
そう思ったら、次女はストレスフリーだったのか
母乳がいっぱいでました。

これは私がある意味、単細胞ってことですね。

でも子育てや家事って今でもそうですが、
評価云々ではないので地道な毎日の積み重ね。

競争社会や評価されてなんぼの世界に生きて来た人には
すぐ切り替われない部分も多いと思うんです。

でも目の前の子どもはかわいい。

毎日一緒で、分身というより、私の一部だった気もします。
四六時中、どこに行くのも一緒で、
寝るときもべったり。(それも今でもですが)


そんな濃密な時間を過ごしているのに
母子が一緒に写っている写真は案外少ない。

写真にして、
この絆の強さと母の大きさを知ることができると思うんです。
ご本人にも他者においても。


ただただ、毎日一緒にいる、私から出て来た私の一部。
見えないけどへその緒でつながっている感覚が残っている。
そんな普段の姿と笑顔を撮影していきたいなーと思います。


こちらは泉智子先生のベビーサイン教室で
撮影タイムを設けて撮らせていただいているものです。

掲載のご協力ありがとうございました。

こういった機会をもっと増やしていきたいなーと思っています。

そのためにもっと皆様に広く知ってもらいたいと思っております。


撮影は個人でも出張で承っていますが

お稽古の場などでの、撮影会も承っています。
詳しくはこちら→PHOTO524HP
[PR]
by photomama | 2012-04-13 07:53 | PHOTO524 Works
桜。
こんにちは。

桜のシーズンですね。

今年は遅いです。
うちの近所の桜はきっと今日で満開になるかな?

まだ上の方は咲ききっていません。
花は下から咲いていきますね。

不思議なもんで、満開じゃないとまだまだだなーと
思ってしまうのは私だけじゃないと思うんです。

満開を待っているんですよね。
というか、後はもう散るしかしない、
いや、ちょっとハラハラしてきた、もう散ってしまう!
って瞬間が一番良いと思います。やっぱり。


で葉桜になると、あ~↓ってちょっと凹むんです。
でも凹みたいのかもしれません。

「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき」
と思いたいのだろうか?
いやそんなに苦しくないけど、
そういう考えがDNAに組み込まれているのだろうか?

日本人だなー。


さて、今年の桜はどんな風に撮ろうか?
ずっと考えています。

心象風景を表現できるだろうか?

シャッターを押すまでにどこまで考えているか?

それが90%以上だと思っています。

桜があるから写真を撮る、ではなくて

私が居るから写真になるというか

そんな境地を探しているんです。
今日も洗濯しながら。


写真は
次女2歳4ヶ月。
彼女もポテトチップ食べながら想いにふけっております。


d0166014_7462121.jpg





d0166014_7464239.jpg




ちゃんと「ごちそうさま」は言えます。
[PR]
by photomama | 2012-04-08 07:47 | Days
カメラの眼。
こんにちは、増田です。

カメラのことってよく聞かれるんですが
一眼レフってありますよね。
フィルムカメラでもデジタルカメラでも。
これはカメラの中にミラーが入ってます。


それに対して、今デジタルカメラでは
ミラーレス一眼といわれる
コンパクトで一眼タイプのもあります。

これの特徴はレンズが取り替えられます。
ズームレンズの他に、
パンケーキレンズといってぺったんこレンズとか。

且つ、ファインダーがないか別売りのことが多いです。


で、レンズの交換ができない、ズームレンズがついている
コンパクトカメラ。持ち運びが楽。


どれがイイかは、それぞれの使い方なので
何を優先するかに関わってくるんです。


私は一眼レフを使っています。

写真が綺麗だという理由の他に、
既にフィルム時代から持っていたレンズがそのまま使えるから
という理由も大きくあります。
私はニコンを使っています。古いのも一応使えるんです。

後、撮る際にカメラで覗くという動作をしないと撮れない。
覗かずにとることが、なんかもうできないのです。

ちなみに我が家では、

夫はミラーレス一眼を

長女はコンパクトデジカメを

次女はカメラがないので携帯のカメラで撮ってます。

私は今、フィルムでまた撮りたいなーと思ってます。
仕事はコスト的にデジカメがいいけど。

で、今日の話はここからで
一眼というのに対して、実は二眼もあります。

二眼レフカメラというものも。


d0166014_1322679.jpg



これかわいいなー。


レンズが縦に二つある、レトロな感じのやつです。
写真はフィルムですが
二眼レフのデジタルカメラってのもあるんですね。


これは漢字のままに
眼が一つか、二つかってことなんですけど。

眼が一つってのは、覗いている画像が撮影される写真の像と一致する。

つまり、見たままが撮れるってことです。
(視野率により、一部分切りとられるものもあります)


そうカメラって眼、なんです。


ところで、もう一つの眼を生活に取入れるのは面白いです。

壁に耳あり、じゃないですけどね。

先日、長女を怒る私を次女が携帯カメラで撮影していました。
さらに、たまたまだと思うんですが、動画に切り替えてまで。

それをあとから冷静に見ると、(勇気いるよ)

長女も泣き叫んでてよくわからないけど
私もキンキンしていて、説明がよくわからん。
だから悪循環。

でも、へ〜ってこんな風になっているんだ、私...と思いました。


なんかすぐに怒ってしまうわって方。
逆に怒り過ぎだと伝えたい方。

静かに写真撮ってみたらいいと思いますよ。
[PR]
by photomama | 2012-04-04 13:23 | Days
目に見える結果があるということ。
こんにちは。

長女がフィギアスケートが好きで一緒によく観るのですが
男子には興味がないようで、あまり見てません。
どうやらヒラヒラの乙女の衣装に興味があるようです。

で、私は見始めた男子の世界フィギアを独り観ているのですが
男子も表現力があってすっごく面白いんですね。

音楽もそうだし、ヒップホップダンスを取入れたり、
観ていて飽きないとってもエンターテイメント性が高い。

特に高橋大輔の演技は『ブルース』という曲調で
誰にも真似できない領域を目指しているということを見て
想いや熱意、努力というものを強く感じました。
羽生結弦もすごくよかった、魂を感じましたね。
17歳だもんな〜。

こんな風に、世界の大舞台で、
さらにその中心でスポットを浴びるということは
ほんの一握りの人間で、強運の持ち主なのかもしれません。

でも「誰も真似できない自分の世界観を出そう!」
としている姿がとてもまぶしくて、オンリーワンであること。

さらに、オンリーワンは基本の上に成り立つこと。

優勝云々よりもその努力と気持ちの強さに、感動しました。
どうせなら優勝してほしかったけどね。
でも「悔しさをバネに」とすぐ切り替えることができているとこが
またすごいんだな〜。


私が毎日やっている主婦業は
やって当たり前、できて当たり前、
できてない時は攻撃されますが、できても特に変化なし。

お母さん業は、イライラしたらダメ、怒っては自己嫌悪の連続で
顔を見たら「あれがない」「お腹すいた」と言われるばかり。

もちろん、子育てはいいこともいっぱいあるけどね。


でも写真はちがう。
きっともっとオンリーワンな表現ができるはず。

もっともっと追求できるはず。
もっと研ぎすませるはずだ。

生き方とか心の持ち方とかそれも大事だけど
目に見える具体的な表現手段があるということが
映像にするという手綱があるということが
私の心を救う気がする。

これが仕事でもあるということが、
厳しい部分もあるんだけど、それも乗り越えてこそだから。

そこにこそ、私の領域がある気がするから。
そして普通の生活から産まれる感覚に
まだまだ可能性があると信じています。


とか言って写真はまだまだ逸脱してないけど。


d0166014_110833.jpg



[PR]
by photomama | 2012-04-01 01:10


カテゴリ
Lesson
Days
Photo♥mama Info
PHOTO524 Info
PHOTO524 Works
photo
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
Link
りんごぐみ
ママとキッズのための癒しサロン

花うたDiary
プリザーブド、フラワーアレンジ教室のNabika先生ブログ

Maimai Kids English
茨木キッズのためのハッピー英会話教室

おててくらぶ
高槻市のママとベビー&キッズのための教室

KIDSmeet DISCO
親子で楽しめる音楽イベントの開催を企画するママの団体
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧