<   2012年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
姉妹か兄弟か?
こんちは、増田です。冷えますね〜。

我が家は姉妹なのですが、二人でよく遊びます。
次女が1歳半を過ぎた頃からとくにコロコロとよく遊び
最近は、ごっこ遊びもかなり成立するようになりました。


d0166014_10304658.jpg


ケラケラ大笑いをして


d0166014_1031238.jpg


こんなことして転んで


d0166014_10315131.jpg


すぐに病院ごっこになります。


昨日はお世話になっているりんごぐみさんで
新年会があり、たくさんママと子どもが集まって
私も子どもを連れて行きました。

姉妹のママ、兄弟のママ、姉弟のママとたくさん
だったのですが、
男の子のママもいいなーと思っていたところ、
一姫二太郎のママの話では、
「男の子が産まれて、姑さんの気持ちがよくわかるぅ!」
と言っていました。
なるほど、これは名言だと思います。

いくつになっても子どもは子どもで
親は親なんだんーって。

親になって知る事はほんとにたくさんあります。

自分が経験できたことに満足せず、
影響を与える人間なんだと意識して
親を楽しみたいと思います。

子どもが通う保育園では
親に感謝を表そうと教えてくれるんですが
どうやら長女は仕事はしんどくて大変で
パパとママは私たちのために頑張って(無理して)
仕事しているんだと思っているんです。

「ありがとう」って言ってくれるのは嬉しいんですが
仕事はしんどいではなくて
楽しこともたくさんだし、好きだから頑張れるって
だから、「私も好きな仕事をみつけたい!」って
思ってほしいんですよね。

両立させるのはバランスがほんとに難しい。
けど、ママの私こそ心のバランスを保って
背中で感じてもらうしかないよなー。

と自戒の念を込めて。
[PR]
by photomama | 2012-01-30 10:34 | Days
5歳の女とフー泥棒
長女が5歳になりまして、
ますます喋りがオトナっぽくなって
というか、おばちゃん?みたいになって
笑ってしまいます。

長女の通う保育園では、発表会が2月にあるのですが
今はその練習を毎日しているようです。
年中クラスになると劇の台詞も増えて
役は『神様』だそうです。

で、今日夜7時のニュースを見ていまして
本日の国会答弁で原稿を手に発言する野田首相の
ちょっと棒読みな感じもする発言を見て
長女が「ま、これもセリフやな...」と呟いておりました。


ところで
お誕生日のケーキの写真を撮りました。

ケーキを撮る時にまずしたことは
撮影場所を決めてその背景を片付けること。

お茶の用意やその後のお皿やケーキをカットするナイフも
事前に用意しておきます。

ケーキは決してセッティングが終わるまで
箱から出さない、見せると早くしろと騒ぐから。

で、ケーキ屋さんに頼むときに
ネームプレートは付けずに別で渡してくださいと頼みます。

それは、プレートは案外ケーキの上で面積を締めるので
写真にしたときケーキがよく見えないからです。

さらに、「ろうそくは長いのと短いのがありますが...」と
聞かれれば、長い方を頼みます。

それは、長い方が顔が明るくなるからです。

で、レフ板代わりの白い大きめのお皿にのせて撮ります。

写真は主役の長女を差し置いて
ものすごい頑張ってろうそくを吹き消す次女。


d0166014_07547.jpg



もちろん、
この前に一回、長女ひとりで消してもらったんですが。
その間、ずっとワタシもワタシも!と叫んでいたので
take2というわけです。




追記
Photo♥papaに行きたかったというお声をたくさん頂戴し
大変うれしく、ありがたく思っております。
また、第二弾を企画してまいります。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by photomama | 2012-01-28 00:08 | Days
鳥肌がたつ
こんにちは、増田です。
今日もスタジオおててくらぶのPhoto♥mamaでした。
ありがとうございました。楽しかったです。

ところで寒いですね。
寒いと鳥肌がたちますが
怖い時や、感動した時にも鳥肌がでますね。

関西人はサブイボっていいますか?
「うわ!サブイボでた!」って私も言ってますね。

本来は、怖い、気持ち悪いの意味で使う言葉ですが
今では、感動したって時にも「鳥肌がたつ」で通じますよね。

寒いとき、毛穴を縮めるための行動ですが
今、これ書きながらサブイボ出そうっと思っても出せない。

理屈じゃなくって先に身体が反応してるんですよね。

写真もそうだと思います。

今日Photo♥mamaで、参加者のM谷さんに
すっごくいい写真を見せてもらいました。
お子さんが光の中に、目を閉じている写真です。
「いやーこの写真はすごいな〜!」と思いました。
鳥肌もんです。

それで、みなさんにも解ってもらおうと
一生懸命言葉で説明してみたんですけど
すぐには上手く言えなくって。

これって脳みそでいいと思っているというよりは
細胞で判断しているというか
感覚で、「ぎゃ!すごい!コレ。」と思ってる。

このすごいの後には
「私が好きな写真」とか「私は撮れない写真」とか
いろいろ続くと思うんですが
とにかくすごいぞ→サブイボ っていう反射です。

もちろん、そこに鳥肌がたつ人もいれば
「そうかなーそんなにいいかなー」という人もいる。
ただ、多くの人に共鳴した写真はいい写真なんだと思います。


撮影しているときも、そう。
色々こんな風に撮りたいな!とか
明日の天気は晴れだから、空を大きく入れたいなとか
考えるんです。

でも、いざその時になってみると
想い通りにならないこともある。
だったら、回避策をどうするか?

もちろん、想像以上にいいものがあったりすることある。
それを活かしてどうするか?

没頭してたら、頭で考えているというより感覚で、
何がいいかは言葉にできないけど
先に手が動いて撮っちゃっている状態です。

0から作り出すものとちょっと違うおもしろさが
撮影にはあると思います。

で、自分で良いのが撮れたぞ!やったぞ!と思えたら楽しい。
(なかなか思えないけど)

そして、それが他人に共鳴したりすると、なお一層楽しい。

そんなことをお伝えしたくて今日もたくさん喋ってきました。


昨日、妊婦さんの撮影をしたんですが、楽しかった。
「おう!来たぞ、写真の神様」って瞬間がありました。
撮られた人もそう思ってくれたらいいなー。

ほんとにもうそれだけです。


で、今日の写真。
ディズニーのプリンセスシリーズにはまる長女。
気分はシンデレラ。
何回言っても「運動会やし踊るわ!」と間違える長女。
いやいや、それは舞踏会です。行ったことないけどさ。


d0166014_1521648.jpg


d0166014_15212575.jpg



追記
Photopapa企画へのお申し込み終了しました。
その後もお問い合わせいただいたり
行きたかったというお声をいただいています。
ありがとうございます。励みになります。
また企画してまいりますのでよろしくお願いします。
[PR]
by photomama | 2012-01-26 15:22 | Lesson
Photo♥papa 定員になりました。
おかげさまで

Photo♥papa企画 定員に達しました。
ご参加のお申し込みをいただきました皆様、
ありがとうございます。

一緒に楽しみましょうね。

精一杯、準備してまいります。

パパに撮ってもらうママと子どもたちですから
2月はバレンタインでもあるし、
愛が写ったらいいなーと思っています。

ま、サラッとね。

ご参加の皆様には詳細、
またメールにてお知らせいたします。

よろしくお願いします。

さらに、HP www.photo524.comに新しいページが増えました。
トップページからご覧いただけます。

掲載にご協力いただきました皆様。
ありがとうございます。


で、今日の写真。


d0166014_10172252.jpg


12月生まれのの次女と、1月生まれの長女。
クリスマスもお正月もあるし、我が家では冬はバブルな感じ。
明日、長女5歳になります。

次女、ティアラが反対ですよ。
[PR]
by photomama | 2012-01-25 10:19 | Photo♥mama Info
「Photo♥papa」のお誘い
こんにちは、増田です。

今日は予てより企画しています、



「Photo♥papa」
パパのための1Day写真教室
~ママと子どもを可愛く撮ろう!~



についてご案内です。

そもそもはPhoto♥mamaは、
ママのための写真教室をしているわけですが
今回、なぜパパなのか?

それは、ネーミングもあってか

「パパ用の講座 Photo♥papa はないのですか?」

幾度となく聞かれていたからです。

これは、パパ自ら

「俺は行けないのか聞いてみて」
というパターンと

ママが勉強してみて、

こりゃパパにも勉強してもらわないと
 いつまで経っても私が写らないな...」

とのパターンと二通り在りそうです。

で、パパからの質問は

「この場合はどのモードにしたらいいですか?」
「このマークの意味はなんですか?」


という内容が多く

ママからの質問はちょっとちがって、

「いつも似たような写真しか撮れない。」
「写真がぶれている。」
「どうしたらいいかな?」


というものが多い。


この違いは、「カメラを見ているか?」「写真を見ているか?」
ではないでしょうか?



で、私はパパ向けの講座をするにあたって
「写真」に目を向けてもらいたいと思っています。
だから私は写真教室と言っています。
カメラ教室とは言いません。
もちろん、必要なカメラの機能などは説明しますが。

どんな瞬間でもいい。
「あ、いいな!」と思ったところでいっぱい撮ってほしい。

例えば、ママと子どもがひっついて寝てるところでもいい。

正解ってね、ないと思うんです。


ちょっと話は大きくなりますが写真は表現手段です。
言葉以外の表現手段があるっておもしろいですよ。
感じたことを、言葉で解釈せずに切りとってみる。
それだけでも普段使わない部分をフル回転して没頭できます。

それが誰かに響いたりすると、とっても嬉しい。

絵画や写真や映像でブルッときたことはありますか?
心が震える瞬間です。
これはすごいなって写真があるんです。

そんな体験をしていただけたらなーと思っています。
写真がきっとおもしろくなりますよ。

ではあらためてご案内。





 「Photo♥papa」 
パパのための1Day写真教室
    ~ママと子どもを可愛く撮ろう!~



日 時:    2月25日(土)10時~12時半



場 所:    スタジオおててくらぶ(高槻市)



定 員:    5組(先着順)



料 金:    3500円(軽食込み)



持ち物:    カメラ(一眼、コンパクト不問)・説明書



講 師:    増田えみ

スケジュール
最初の1時間→ 説明や質問
       (ママと子どもは遊びながら待機)

次の1時間 → 撮影
       (モデルにママと子ども)

最後の30分 → お互いの写真を観賞
       (軽食をとりながら)



※ご家族でお越し下さい。


お問い合わせ、お申し込みは


こちら


にご記入くださいませ。





・子どもが産まれてカメラを購入したけど、
 色々ボタンもあってなんだかよくわからん。

・ママが楽しそうに勉強している姿を観て刺激をうけた。

・ママに「もっと上手く撮ってほしい」とリクエストされた。


こんな理由からパパにも喜んでいただけるかなと
思い企画しました。

お越しくださるのをおまちしております。
[PR]
by photomama | 2012-01-23 10:49 | Photo♥mama Info
器まで作ろう!
こんにちは
増田です。

市場調査と銘打って休憩中の写真。


d0166014_10353089.jpg


不思議な器に入ってきました。
フルーツパフェだそうです。

ママのためのフォトスクールPhoto♥mamaでは、
写真を飾ってもらうところまで一緒にしたいと
考えていまして、
後期になったクラスでは、フレームやアルバムの
制作にはいっていきます。

想いを込めて撮った写真を入れる器
それ自体もこだわりたいのね。
みなさんの感性を活かして、
一体化したステキなものを作ってほしいのです。

写真も額や装丁でぐっと格があがります。

ほら、アイスも料理もね、盛りつけや器によって、
ぐっと、「おいしそ〜♪」が増すじゃないですか!

オリジナリティー溢れる作品制作を
冬のお家に居る時期に作ってもらいたいと
前回のりんごぐみさんのクラスでも提案してきました。
既成概念に捕われずに、
その家にあったものを手作りしませんか?

その提案のために、おしゃれな雑貨やさんを見学中。



Photo♥papa〜パパのための1Day写真教室〜
も既に反応いただいていましてありがたいです。
月曜日に詳細UPします。


イイコト思いつきました!
パパとママの撮った写真を一枚ずつ入れられる
二面見開きのフレームを手作りするのって
いいんじゃないかな〜。
ほら、箱が在ると、中身を埋めようとパパも撮るかも。
すでにママの撮った写真が片方に入っていると
燃えるかもね。
[PR]
by photomama | 2012-01-21 10:36 | Lesson
私の提案
こんにちは、増田です。
インフルエンザが流行っているみたいですね。
皆さんはお元気ですか?


さて、話は本題ですが、
世の中に写真に携わる人はたっくさんいまして
それだけ、写真は奥の深っか〜いものです。

で、インターネットや雑誌を開けば
撮影時のワンポイントアドバイスであったり、
新しいカメラの批評、検証などから、
ポイントを整理してくれているサイトもあり
私が言わなくったって、情報は溢れています。

だから私の提案って何かな?と思ったとき

それはママである私が撮る、育児と写真。
または、女性と写真。
生活や日常で楽しむ写真。

こういうことだろうと思うんです。

でママのためのフォトスクールPhoto♥mamaでも
また撮影をしているPHOTO524としても
愛おしい時間を、想いを写真にしたいと思っています。

で、もう一つ、これから始めることが
「日常生活に写真を」提案すること。
家族に写真を取り込んで楽しむ、
要はパパの意識を高めよう作戦です。

それが、Photo♥papa 
パパのための1day写真教室
〜ママと子どもを可愛く撮ろう!〜
という企画です。

ご家族で参加いただけるパパさん、是非お越し下さい。
カメラは一眼、コンパクトを問いません。

感性だ、センスだ、なんだかんだと言われれば
嫌になっちゃうパパもいらっしゃるかもしれませんが
いい写真を撮れば、必ずママは喜びます。

それにね、いい写真が撮れるとき、
キターっ!って瞬間は癖になりますよ。

写真に写るのが嫌いってパパは多いと思いますが
だったら、進んで撮る、撮るを楽しめば
結果、みんな喜ぶことになります。

私の夫も知り合うまでは写真にはまったく興味がなく
昔の写真を見ると、見事にモニュメントの前で
渋々写っている、しかも直立不動で。
という写真を見て衝撃をうけました。

今では、レンズを向けられると何かをせずにいられない
人間へと変身しましたよ。
撮るのも撮られるのも楽しんでいます。

だって、ただボーっと写ったって後から観て楽しくないもん。



d0166014_2081780.jpg


30も後半の夫=レベル小3


人生はどのみち楽しんだ方が勝ちで
死に際に考えるのは楽しい想い出だけだと思っています。
(話が壮大になりましたが)

だからカメラというツールで人生に楽しみを増やすこと
オススメしていきますよ。

日程は2月25日(土)
午前中です。

申込み方法や詳細は追って記載します。
[PR]
by photomama | 2012-01-19 20:12 | Photo♥mama Info
青木さんに会いたくて
こんにちは。

青木さんに会いたくなりました。
全国に青木さんはたくさんおられますが
私の言う青木さんは、Shall We Dance? に出てくる
竹中直人が演じる、ダンスが好きな青木さんです。

映画をご覧になった方はよくご存知だと思うのですが、
青木さんは会社ではちょっと変わった人、気持ち悪いと
陰口をたたかれるような人です。
仕事もばりばりという感じではなくって...

でもダンスをするとラテン系になって熱く熱く踊るんです。
相手がたとえ柱であっても脚をクネクネしてすごいんです。
それはそれで気持ち悪いって渡邉えりこに言われて
凹むところもあるんですが、
私はその青木さんがもう大好きです。

もし、私の周りにいたら、
「やっぱり青木さんって...話づらい」
って思うかもしれません。

でも人間って多面的で1面だけじゃないんですよね。

こっち向きには仕事ができない、どんくさいなーと
思われていても、
別の向きでは、輝いている、活き活きできるフィールドある。

もちろん、どっちむいても輝いていられれば
それはそれに超したことはないんだろうけど。
それに、輝いていられない面はおしまいにしてしまっても
いいのかもしれないけど。

後ろがあって、前も支えられる。

例え、受け入れづらい面であっても何かの
スイッチ一つで変わるかもしれない。

なんかそのことが今、とても愛おしいです。

だから表層部分の青木さんだけじゃなくって
深層部分の青木さんを知る努力を私もしていきたいです。

そして青木さんは私自身でもあります。

久しぶりに青木さんに会いたいので、
あの映画を見ようと思います。
[PR]
by photomama | 2012-01-14 09:39 | Days
ママという存在。
こんにちは、増田です。今日は寒いですね。

今年は時間に遅れない自分になりたいと、考えていまして、
実行に向けて色々錯誤しているんですが
朝は娘がゆっくりで、イライラしてしまい、
見送りの雰囲気悪くしてしまったので反省しています。

朝の出だしが悪いと後も気分が上げにくいですよね...
学びます。

さて、そんな私ですが
ママのためのフォトスクール、スタジオおててくらぶさんでは
Bクラス(水曜午後13:00~)がスタートしました。

いつも最初にお話することですが

    ママにしか見せない表情がある。
子どもが世界で一番信頼している私だからこそ
    見ることのできる表情がある。

     それを残しておきたい。


これがPhoto♥mamaのスローガンです。

(こう書いておきながら今朝のワタシに突き刺さる言葉)


今は次女が2歳でまだ文章もあまり話さないですし
単語の発音も不明瞭。
「いくぉんたーたい!」→「みかん食べたい!」
でも、ママである私にはなんて言っているのかわかります。

お正月に実家に行っても、父母や姉にはイマイチ理解できない。
「?なんて言ってるの?」って感じです。
まだまだ通訳が必要なんです。

この子が好きな歌も、食べ物の好みも、寝る時の癖も
何をすると笑うのか?こんなときなんていうのか?
わかってしまう。

だってママだから。
なんかまだ、つながっている感じです。
ママだから撮れる写真ってそういうことだと思うんです。


今、次女のママへの愛は激しくて
人見知りの時期なんかもあんまり後追いもしなかったのに
寝るときは、「ママ、ママ!ま〜ま♥」って感じで
スリスリしてくれます。

パパが「抱っこしよう!」って言っても
お断りすることもしばしば。「ママ、ママ!」
長女の時のママ!ママ!はもっとすごかったんですが、
次女はパパ派だと思っていただけに、パパ更にショック。


長女もね、まだまだ甘えたいだと思うんでうす。
もうすぐ5歳、まだまだ5歳だもん。
でも次女に取られて拗ねてみたり、怒ってみたり、
健気に協力してくれたり、色々です。

私よりも、次女の通訳としては上回っています。
私が「なに?」って聞き直しても
「もうひとつ食べたいって言ってるよ」と教えてくれます。
次女に好き放題されてるのに妹を思う気持ちは強いのです。
尊敬。

私もできるときはできるだけ、長女をギューとしてあげないと
ママは1人だけだから。他にはいないからなー。

ママという存在の大きさを、5年目にして自覚中。

長女もうすぐ5歳。


d0166014_145328100.jpg



次女2歳1ヶ月。


d0166014_1453491.jpg


[PR]
by photomama | 2012-01-12 14:55 | Days
かけがえのない時間。
こんにちは、増田です。
連休中は仕事もありましたが、ゆっくりもできまして
お正月から続けてのんびりと子どもたちとの時間を
楽しんでいました。

写真も、忙しい時期は家で撮る事が減りますが、
ここのところは毎日撮って楽しんでいます。

これが私のライフワークであり、今の私の原点なので
しっかり充電して、2012年、
もっと前に踏み出したいなーと思っています。

自宅で次女を撮影。


d0166014_13314483.jpg



テレビで「いないいないばぁ!」を見て、
手袋をすると言い出す次女。
「寒いのへっちゃらへっちゃらら〜♪」と踊ります。
そしてカワイイポーズもしてくれます。


ママのためのフォトスクールPhoto♥mamaでは、
みなさんと子どもを可愛く撮りたいというテーマに
写真を楽しんでいます。
ご自身の作品で年賀状を送っていただきました。

「写真がこんなに楽しいとは思いませんでした。」
「自分の趣味にもなって、子どもの成長も残せて
なんとすばらしい!」など
感想をいただいています。

そんなママたちのご意見に、
「私は子どもと夫をたくさん撮るが、
私が写っている写真が...ない!!」というご意見。
確かに、かけがえのない子どもの成長を残していると
気がつくと、私にとっても今しかない時間なのだと
あらためて気づかされます。

そんなとき、パパが「今度は俺が撮ろうか?」
もしくは、そっと自然な母子の姿を撮影し、
「いい写真が撮れたよ!」と言ってくれたら....
うんうん!理想的。
「なぜアナタは撮ってくれないの?」という前に
写真が楽しいと気づいてもらえればいいわけです。

というわけで、パパさんに向けたPhoto♥papa。
1day写真レッスンを開催します。
ご家族で参加いただけるイベントにします。
だってパパに「申込みしといたから行って来て!」では
きっとパパは行きたくないだろうと思いまして。
うちもそうですから。

また日程、詳細はブログで発表してまいります。
[PR]
by photomama | 2012-01-10 13:35 | Photo♥mama Info


カテゴリ
Lesson
Days
Photo♥mama Info
PHOTO524 Info
PHOTO524 Works
photo
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
Link
りんごぐみ
ママとキッズのための癒しサロン

花うたDiary
プリザーブド、フラワーアレンジ教室のNabika先生ブログ

Maimai Kids English
茨木キッズのためのハッピー英会話教室

おててくらぶ
高槻市のママとベビー&キッズのための教室

KIDSmeet DISCO
親子で楽しめる音楽イベントの開催を企画するママの団体
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧