<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧
女友達。
日中は暑いくらいの洗濯日和、夜は涼しくなって寝やすいですね。
朝夕の温度差が喘息持ちの夫には心配な季節でもあります。

そして子どもは布団を瞬時にはね除けますね。
「寒いだろうに。。。」という親心を、一撃っすよ。
それで頭を見ると髪の毛は汗でべったりだったりするし、
次は「汗がひいたら冷えて風邪ひくんじゃ?」
とまた心配は尽きない。
そんな親の気も知らないで、姉妹は2人時計回りに回転しながら
自由なポーズで眠っています。


昨日は、先日撮影した親子の記念写真のお渡しに行ってきました。
この方は結婚式も私が撮影した、高校の友人なので、
他の友達も集まって2時間ほどでしたが、話に花が咲きました。

オリジナル写真台紙をずっと試作しているんですが
現役ママで服飾のプロでもある友人にその意見も聞けて、
やっぱり友達はありがたくたまには集まってしゃべらなくっちゃ!
と思いますね。
昔からの友達の価値って、歳を追うごとに増すんだろうな
と思いました。

で、出産のお祝いの意味を込めて、3人で写っている写真を大きめの
パネルにしてお渡ししたんですが、とっても喜んでくれました。
以前にブログでも写真を紹介させてもらいましたが
私もこの写真すんごい好きで気に入ってます。
なんか、愛があふれてるんですよ。パパとママから。
私はただ、その場に居てシャッター押しただけって感じです。


d0166014_127659.jpg


光も色も優しい感じにしてます。
手前味噌ですが、これだと思います。これです。
パネルにしたとき、余白を白でのこしています。
このまま、壁に飾ってもらったらいいなーと思ってます。


d0166014_1282059.jpg


ご本人さまも首がしっかりして、たっぷり成長してました。
微笑ましかったです。

で、写真を渡して喜んでもらえたのを見るとこちらも嬉しい。
私の仕事、いい仕事です。



d0166014_1292016.jpg


パネルはこんな感じで浮かせて貼るとかっこいいです。
軽いので、両面テープではってます。
壁に穴も開けないし、落っこちても、割れたりしないのがいいです。
これは我が家の壁ですが。


d0166014_1294576.jpg


そろそろ、成長に応じて次の写真を加えたいところです。


PHOTO524でパネルも承っております。
プリントがきれいなラボに依頼してます。
おかげさまで
七五三のご予約やお問い合わせも多数いただいております。

是非、飾っていただける写真をたくさん残していきたいです。
[PR]
by photomama | 2011-09-28 12:13 | PHOTO524 Works
年賀状に使う写真!
3連休はいい天気でしたね。
お弁当もって出かけるにはもってこいでした。
運動会のところも多かったでしょうか?

こんなお天気でうちも運動会だったらいいなーと思って
楽しみにしています。

昨日の朝、6時1分に外に出たんです。
そしたら日が昇ってきて、朝焼けと言うほどでもないかな...
空がオレンジに染まっていました。
夕焼けはせつなくなるけど、朝焼けは心を打たないんだ...
って感じで特になんとも思いませんでした。
時間が違うから?東と西だから?お疲れ度合い?バイオリズム?
よくわかんないけど、こっちの見方次第で相手は変わるんですね。
同じ太陽なのにね。

ま、このことから言いたいこと、とか特にないんですけど。
受け止め方次第。ってことですかね。


で、出かけた帰りに百貨店を通り抜けようと思ったら
子ども服がワゴンSALEになっていまして。
二人姉妹に、あれこれ選んだ結果、
ベストチョイスを1着ずつ買ってきました。
シンプルなデザインで茶色がベースのワンピース。
まったくもって私の趣味。

長女は4歳半なので、もう自分の好みがしっかりあって
親の趣味とはもはや違うわけです。
「こんな色はいや!」
「もっとフリフリ、ヒラヒラしているのがいい!」などなど。
私ならそんな服は着ないけど、あなたが好きなら、
それでよし!と思おう。母さん理解しますよ。

でも、今日の買い物は私だけだったので、
こちらの見解で決めてきました。
すると「ピンクはなかったの??」と若干不満げでしたが、
可愛い!!と褒めると、気に入ったようです。

そんな、可愛いワンピースをきて、
来年の年賀状の写真はこの服を着ている2人がいいなーと
思ったのでした。

次女が生まれてから、我が家の年賀状を子どもの写真をベースに
作っています。毎年力を入れて考えて撮って、喜んでます。

これ今年の年賀状用の写真。
この時、次女はまだ立ってなかったけど、
今はもう走ってます。


d0166014_1084253.jpg



来年用も8月くらいからなんとなく考え始めて、
今は試作も始まってます。
どんなイメージで撮るか、ハガキを縦に使うか横に使うか?
イメージに近づくように、この行程がもう楽しです。
だってもうすぐ、9月も終わるよ...

コマーシャル撮影だと、クリスマス、お正月の撮影って
8月なんですよ。
例えば、ホテルのディナーのポスターやチラシ。
雑誌関連だと、2−3ヶ月前なので、ちょうど今ぐらいで
おせちの特集用の写真とか、撮ってるんですよ。


そこで今年はおててくらぶさんとのコラボ企画として、
年賀状用の写真の撮影会をします。

日程は 10/22(土)
場所は スタジオおててくらぶ です。

詳しい内容は今から決めてきます。
また後日発表します。
ちょっと、おもしろい思考で、ここでしかできないこと
をしたいと企んでます。

また、撮影会以外でも出張撮影、やってます。
家族で秋の公園で撮影とかも、いいと思います!

PHOTO524 HP はこちら
お問い合わせは  こちら
[PR]
by photomama | 2011-09-26 10:15 | PHOTO524 Info
女心と秋の空
こんにちは。
抜けるような青空、いい天気の撮影日和ですね。
増田えみです。

突然ですが、私の屋号「PHOTO524」なんですけど、
この524って何?って思ってる人いるかもしれません。

これは、
「コ・ニ・シ」です。「コ5←これちょっと無理? 二2 シ4」
夫の姓はコニシなんです。
私はそのまま「コニシ」って呼んでるんです。
結婚前は「コニシさん」って言ってましたね、今もそう呼ぶ時も。
別に間違ってないしね、夫もそれでいいと申しております。

で、「増田」は旧姓なんです。
別に内緒にするもんでもないんで、書いときます。
増田えみとして、仕事や個展もしてきたので
これからもいままで通りやっていきたいんですが
私の仕事、たくさん夫にも協力してもらっているので
屋号はコニシをいれたんです。どっちも入ってるから満足。
夫が決めたんですがね。だから夫が一番満足。


さて昨日は秋分の日でした。
ちょうど18時前、撮影の帰りにひとり電車に乗っていまして、
夕焼けがきれいだったんですよ。
なぜに人は夕焼けに心打たれるんですかね?

空がきれいで、雲の形状と夕焼けが見事。
で、見入ってしまって、しんみり。
せつない、どっか行きたい。。。
なぜか泣けてきました。
きっと心が弱ってるんだわ。。。

私は心身は食べ物でできている、と考えるので
そんなときは食生活にまず目を向けます。
涼しくなってきたので、ブリ大根、根菜いっぱいのごまみそ汁。
火を通したお野菜をいっぱい食べる。お米をよく噛む。
冷たいものは飲まない。湯船に浸かる。
ほんとはヨガもしたいけど、寝る時間に充てる。

強いて言えば、これが私のナチュラルケアかな?
自然療法って言葉はピンとこなくてよくわからなかったのですが
元気のツボ
こちらのブログを拝見して、興味がわいてきました。

ツボを押すのも好きですよ。
ツボの本もいっぱい持ってるし。
マッサージグッズもいっぱいもってる。
でもヨガを始めて、中から治さないと回復はしないんだと
妊娠をきっかけに気づいたんです。

妊娠、出産は身体を見つめ直すいい機会ですよね。
大きいこと言えば人生観にも影響するし
まずそれまでの自由な生活から一変するしね。

結構大変な波をみんなもがきながら泳いできたんだな。
妻、母、嫁、ワタシ、と顔を持つのは、みんなやってて
当たり前のことのようだけど、
子育てこれでいいのか?と不安になったり、
理解者がなく荷が重いことも、さらに年休もないし。

もちろん味方がたくさん居る環境、そうでない
それなりに厳しい環境と様々ですけど。

いや何もママが偉いってわけでもないですよ。
昔っからみんな、お母さんのお母さんからやっていることだもん。

だけどママという共通点があると、
お互いがお互いを笑顔にしたいと思うのかもしれませんね。
1人でぐっと飲み込んできた何かを溶かしあえると言うか
なんというか。。。
苦労を分かち合える関係が最初からあるような気がします。
あーうちもそうだった。。。みたいな。


で、疲れたときってのは色で癒されるカラーセラピーってのも
あるらしい。
それもこのブログ カラーの効果と心理学で親子の対話力UP
で知りました。

とても興味深いんです。
心理学とか言われると敷居が高そうですが
それは同じママなので、私にもわかるように書いてある。


こんな風に自分の得意分野で他の人に良い影響をもたらそうという
ママのブログっていっぱいあるんだなー。


私もマタニティ写真、案外自分で撮れないママとベビーの写真
子どもの自然な表情をありのままに残していく写真
これを、同じママに知ってもらいたい。
私の写真で喜んでもらえたら、なおうれし。
そして、カメラを勉強してみたい、写真が好きだというママが
増えて楽しんでくれればいいと、やっぱり心底思っているんです。


ということで、アメーバブログも始めることにしました。
そっちの方が、この手の仲間が多いみたいで。
PHOTO524のHPからはこのまま、このエキサイトブログを続けます。
何も変わりません。

同じ内容をアメーバブログ PHOTO524・Photo♥mamaでも見られます。
はじめてこちらで見てくださる方、よろしくお願いします。
今までの記事は こちらにあります。
アメブロはまだあんまり良くわからないので、
教えてもらいながら変更していきたいです。

今日の写真


d0166014_1682457.jpg



すずしくなるとお昼ねしやすいね。
私の撮りたい写真。
自然な光と自然な表情ってこういうことだよなと思ってます。



◇◇◇お知らせ◇◇◇
8/28.29のファミリーフォト撮影会のデータのお引き渡しが
始まっております。
郵送希望の方でセレクトをお任せいただいた方には、
本日クロネコメール便にて発送いたしました。


d0166014_1663359.jpg



PHOTO524では、このように
お写真をプリントしたCDを作りました。
9/22の直接引き渡しの方にも、とっても喜んでいただけました。

なお、商品は投函となります。
ポストを開けて喜んでもらえるだろうか?

インデックスで写真をお選びいただいた方には
もう少々お時間いただいております。
お申し込みの方から順にでき次第の発送となります。
その際は直接、メール致します。
どうぞ、楽しみにしてくださいね。
今暫くお待ちくださいませ。
[PR]
by photomama | 2011-09-24 16:13 | Days
美術館へGO!
今日は以前から行きたかった「森山大道写真展 on the road」
を観に中之島の国立国際美術館へ行ってきました。


d0166014_23047100.jpg


案外天気もよかったので、
神戸の「借り暮らしのアリエッティ×種田洋平展」も
観に行こうとなり美術館をハシゴする予定でしたが、
神戸県立美術館はすごい人で、入るのに60分待ちと言われ...
これは次女も居るし、無理だなってことで、
建物で遊んでアイス食べて撤退。大阪に戻ってきました。


d0166014_2283127.jpg


お互いに写真を撮り合うの図


d0166014_2291670.jpg


次女ご機嫌の図


d0166014_2294187.jpg


しかし、2歳間近でヤダヤダが始まりつつあるの図



森山大道は学生の頃、やっぱり影響を受けたと思います。
モノクロ写真ばっかりしていたので。
当時は衝撃的な映像を引っ張ってくる人、という印象でした。
今回は400点以上もの写真を集めた大規模な展示でした。

この展示は絶対に見に行きたいと、年始に知ったときから
思っていまして。
それでも子ども連れで美術館に行くってできるかな?
夫に任せて独りで行こうかな?と思っていたのですが
下の子もしっかりしたし、夫も写真に興味を持っているので
一緒に行こうということで、久しぶりに美術館へ行きました。

結果、1歳9ヶ月の次女には無理でしたね。
今日が最終日だったので結構な人出だったこともあり
展示場で次女はアンパンマンの歌を大声で唄ったり、
寝転んだりと自由人なので
「B1にキッズルームがありますから...」
と遠回しに退場を宣告されました。
で、パパと子どもは絵本のあるお部屋に移動。
夫のおかげで時間をもらって独りで観る事ができました。

私は美術館に行くのが好きです。
美術館ってまず建物がおもしろし、
特に個人の美術館や、作家の名前が着いているところは
ほんとに贅沢な時間が過ごせます。
まず、最初はザーッとみます。
全部真剣に見てたら時間も足りないし、疲れる。
直感で好きじゃないもの、よくわからんものは特に観ない。
好きなのだけいっぱい観る事にしてます。
すると気が楽です。

今日の感想は、
まずモノクロ写真って奥行きがちがうなーってこと
あらためて思いました。
「焼く」ってことで表現を加えることができるので
そこも含めて写真だといえます。
それも考えて写真を撮っているんだと思う。
その点、デジタル写真って...薄く思えました。

それから、表面的な部分に惑わされず、その奥を見ているか?
私の写真が撮れているだろうか?
技術的な撮り方に縛られて、何か見失っている物がないか?
ということが頭にすごく残り、自分自身に問うことができました。

さらに、映像だからやはり強さは必要だなって。インパクト。
森山大道氏のあの有名な写真の数々を生で観られてよかったです。
もっと、美術館に行く機会を増やそうと思いました。
貴重で贅沢な時間で、すごく楽しかった。



でおまけの写真。


d0166014_2362330.jpg


君にも専用カメラが要るね...(姉のを取り上げてしまう次女)


d0166014_2431268.jpg


だから自ずとこういうことになる。


d0166014_2373985.jpg


キホンはご機嫌な女です。
[PR]
by photomama | 2011-09-20 02:44 | Days
出張講座ー運動会の撮影、ワンポイント
運動会の季節ですね。

今日、明日のところもあるようです。
せっかくだったらスカッと青空の運動会が嬉しいですが、
台風の季節でもあるので難しいですね。

我が家の娘も毎朝行進の練習やら、お遊戯の練習を
しているみたいです。


今日は、そんな運動会の撮影で失敗しないポイント
運動会で印象的な写真を撮るポイントについて
Maimai Kids English さんにて単発の講座をしてきました。
6組の運動会目前のママさんにお集りいただきました。

「運動会」とお題をいただいて、それを中心にお話すると
具体的だし、皆さんの反応もとても良かったです。

まず、最初に運動会写真でこれまで上手くいかなかった点
を参加者の方にそれぞれ挙げてもらい、一緒に考えたのですが
もう、その時点でみなさん「そうそう!!」と盛り上がって
いました。

うちの長女も運動会はこれで4回目です。
最初は1歳だったので、競技はあまりなく踊りがメインでしたが
年中さんになると、出番も多そうです。
次女も一応、出番があるので、今年はいい写真撮りたいなーと
思っています。

これまでの運動会で、

1回目→私が中耳炎
2回目→妊娠中であまり動けず
3回目→次女が「ママ抱っこ!」の時期で、
    降ろすとグランドの土を食べるのでずっと抱っこしてた

と写真はパパに撮ってね!とお願いすることが多かったので
今年はムービーをお任せして、私は集中したいなと思います。

今日もお話したんですが
撮影において準備はとっても大事で
写真の善し悪しの90%は準備だと言っても過言ではありません。

なので、運動会撮影のポイントをここでもちょっとご紹介します!

・事前に撮りたい写真のイメージをもつ
・そのための撮影場所も確保する
・カメラの操作を確認して試し撮りをする

確認することがとにかく大事。
本番は、まず落ち着いて
子どもと一緒に力を込めて動いてしまいそうですが

・しっかり固定すること

今日はブレについてとその防ぎ方も時間をかけてお話しました。

他の撮影でもそうですが、
運動会など一発勝負のシャッターチャンスだと
撮れなかったときに、「しまったー、やってもうたぁー...」
と何度も液晶をみて悔しがってしまいそうですが
もう、終わった事はどんなに見ても仕方ないので、
引きずらない方がいいですよ。
その辺は割り切って、競技後の表情とか、
次のシャッターチャンスを狙ってすぐ動いた方が賢いですね。
競技だけじゃなくてもいい写真の材料はきっと転がってます。
会場の雰囲気がもう非日常ですから。。。


d0166014_1592779.jpg



それでは本日ご参加の皆様には、是非楽しんで撮ってくださいね。
ママネットワークを駆使して、網は多めに仕掛けてください!

私も今年はねらっていきます!
ここでご紹介できるようないい写真にしたいです。
楽しみ!
[PR]
by photomama | 2011-09-18 02:15 | Lesson
りんごぐみのPhoto♥mama
「ママだから撮れる写真がある。」
これはママのためのフォトスクールPhotomamaの理念です。

しかし、ママだから撮れない瞬間もあるんですよね。
「今、いい!!」と思っても授乳してるときとか
上の子が「ママーっ○○してー」て言って来たりとか
ママだから子どもが甘えちゃって、撮影どこじゃない時。
ママゆえに、ママの仕事がいっぱいあって
撮影に集中できない、撮影まで手が回らない時。
外出先なんか特にね。
そんなとき、フラッと自分のタイミングで生きてるパパがきて
パシャっと撮ったりして、「俺の方が上手い〜♪」なんて
言われた日にゃ、ブチッとなりますよ。

あ、これは架空の話ですよ。私の妄想。


今日はりんごぐみさんでのPhotomama。
みんなの写真を見せ合う発表の回でした。
みなさん、ママの事情がたくさんある中
暑い夏にいい写真を撮ろうと頑張っていました。
きっと夏の間、写真を撮っては、これは発表に持って行けるぞ!
と意気込んでくださっていたにちがいありません。

今日もね、皆さんにお気に入りの1枚を選んでもらって
机にすべて並べてみました。
やっぱりいい!ママの写真、素晴らしいなと思いました。

で、たくさん持って来てもらった写真を見て
もう一歩ココが。
とか、ここでもう一歩右に回り込めたらなんてこと、
今日、私は言っちゃったんですが
その一歩が難しい事、私もよくわかってるんです。

撮影だけやってたらいいわけじゃないのがママですから。
ママは24時間対応ですもんね。
休日もないし。

でもね、どうせ撮ってるんだから。
そんな大変な中、撮るんだからこそ、
ちょっと意識を周囲にも持っていければ。
撮影テクを知っていれば、
カメラのボタンの操作が手に馴染んでいれば、
ピントにたいする意識がもう少し高ければ、、、
避けれる事もあるんです。

とは言っても、これはマルマル私にも当てはまることで
自分に言って聞かせてる所でもあります。
1つクリアしたと思っても次のアラが見えて来たりもします。

そんな中、皆さんたくさん撮った写真の中から厳選して
そこから、お気に入りの一枚を選んでくれました。

どの写真も素敵でしたよ。


後で写真を見る時、暫くは撮影前後の出来事憶えてるんですけど
10年後、20年後は、そこまで詳細には憶えてないでしょう。
それが、写真なんだと思います。
その結果の部分だけ、見えているのが写真なんですよね。
だからシビアだけど、妥協したくない。

名作の影には、汗と涙はつきもの。
今日持って来てもらった写真の影にも
ボツ写真がきっとたくさんある。
そのシャッターがきっと明日の写真に繋がるので
みなさん、一緒にたくさん撮っていきましょー!


で、今日の感想です。

Yさん、水遊びのHちゃんの写真、
レンズと子どもさんの距離が絶妙で無駄な物がなく、
表情もいいタイミングでした。
公園での窓枠構図のお兄ちゃんの写真も、格好よかったです。
パパとお子さんの写真はママならではだと思います。
続けて、パパとお子さんシリーズ撮ってくださいね!

M原さん、お子さんが今はまだあまり歩かないから
とおっしゃっていましたが、
そんな時期の写真もすぐ貴重になりそうですね。
お誕生日のまったり座っている写真が私は好きです。
お子さんの性格が写真に出ている気がします。
お家でも部屋が違うと雰囲気が違う写真がたくさん撮れそうですね。
M原さんのピントに対する意識の高さにいつも感心します。

M下さん、安定感のある写真が多くて、ズームとワイドの
使い分けもたくさんありました。素晴らしいです。
見せたい物がしっかり伝わるいい写真ばかりでした。
最終選ばれたお兄ちゃんの写真は、切り取り方が斬新でしたね。
ちょっとワルな感じもして、Tシャツとのギャップが
なんともおもしろい写真でした。
私は、次男くんの泣いてる表情と光がとっても素敵だと思いました。
あの明るすぎない光が表情とマッチしてます。

Sさん、同じ状況でも違う表情の写真が撮れるということが
すごいと思います。それは意識の高さだと思いますよ。
写真が明るく、子どもさんが活き活き写っていました。
普段のお子さんとママの空気がとても明るいんだろうなと
写真から想像できます。
瞬間を切り取るのがとてもお上手だと思います。

そして、今日投票No1になったTさん!!
おめでとうございました。
投票結果も文句なしの1位、ピカイチでしたよ。
兄弟、二人をあんなに上手に納めた写真が
何枚も違うシチュエーションで撮ってらして
いったいどんなテクを使ったら?と感心しました。
構図、アングル、明るさ、納得の1位でした。
私は、あのシャボン玉の写真を撮ったTさんの感性に脱帽です。

これからもとっても楽しみなPhotomamaです。
[PR]
by photomama | 2011-09-15 23:36 | Lesson
夏のわすれもの。
夏の終わりに、やり残したことがあったのか?高気圧のやつ。。。
ってくらいに暑い日差しですね。

でもやっぱり9月で、夜は月がきれいでした。
あれはなんで低い位置にあると大きく見えるんですかね?
距離は変わらないはずなのに。
昨夜のも大きかったですよ。19時前の月。
「おっきくて、あかい!!」と長女も叫んでました。
大きく見えると、大人も子どももテンション上がりますね。
で21時頃の月をみて
「ちっさくなった。。。」とがっかりしてましたよ。

さて、9月も半ばです。
夏は終わったなーと思うのですが、
今日は夏の終わりの写真を紹介します。



d0166014_1520332.jpg


d0166014_15205414.jpg


d0166014_15221264.jpg



友が島に行ったときの写真です。
あいにくの天気でしたけど、曇りの日の写真も好きです。

先日、新しくおててくらぶさんのphotomamaに
参加された方が私の話を聞いて、
「今まで失敗だと思っていた写真も
よく見たらそうじゃないかも。。。」って
感想くださったんですが、ほんとにそうですよね。
正解は私の中にあるものですよ。
曇りの日もね、光が柔らかくていいですよ!


今年の夏は色んなところに行きました。

次女が1歳半になって行動範囲も広がりました。


d0166014_15245371.jpg



モノクロ写真もね、たまに撮りたくなる。


d0166014_15261575.jpg




撮った時には、「あ、これやったな!!」と思っても
帰ってみたら思ってたほどでもないなってこと
昔も今も、あります。。。

でもこうやって写真を撮りに、日帰り旅行するのは
やっぱり楽しくって大好きです。

帰りは温泉によって帰ってくるのもまたよろし。

今年の夏は、これまでの人生で一番夏が好きだと思いました。


さて、明日はりんごぐみさんのPhotomamaの日です。
どんな写真が見られるか楽しみです。


ずーっと先の夢として、
うすらぼんやり考えていたPhotomama展なのですが、
先日MKEさんでのみなさんの力作をみて
これは是非とも近い将来やりたいな!と思いました。


みなさまとご相談しつつ、進めてまいりたいと思いますので
いい案のある方、なんでも教えてください。

うちのGM(ゼネラルマネージャー)と勝手に呼ぶ事にしましたっ
夫にも、HPの更新、頑張ってもらいます。
[PR]
by photomama | 2011-09-14 15:42 | Days
1日ずれちゃったけど。。。
震災から半年でもありましたが、同時に
NYのテロからもう10年なんですね。

私が初めて訪れた外国の都市ははNYなんです。
21歳だったと思います。4月でした。
初めて行った海外の都市ってその人にとって特別ですよね。
私は初の海外旅行だったのに、行きは父親と二人で、
帰りは独りでした。
こんな事を書くと、お父さんは海外と日本を行ったり来たり?
どんな仕事?って思われるかもしれませんが、
まったくそんな事はなく。。。英語も特に喋れず。。。
滅多にあることじゃないから一緒に行っとく?って感じでした。

父は仕事だったので、
ずっと一緒だったわけではないし、
一人でカメラ持ってぶらぶらしてまして。

地下鉄はあんまり乗らずに、とにかく歩き回ってました。
どこに行ってもそうなんですが、地下鉄やトラムに乗ってしまうと
写真撮るのに止まれないので、ただただ歩き続けます。

せっかく来たので、NYのスラム街ってのも撮りに行きたいと思い
これ以上先のストリートには危ないから行ってはいけない!
と現地在住の人から聞かされていましたが
やっぱり行こうと思いました。
そしたら、その日は父も行くって言ってくれて
スーツだと危ないってので、なんだかへんてこな格好に
足下は革靴っていうおかしな父親と破れた服を着た私でした。

宿泊したのは5番街にほど近い中心街で
スラム街と言われる地域とは匂いも雰囲気も全く異なり
通過するだけで大声を上げられたり
ゴミ箱から足が出ていたり、
歩くだけでも緊張して、父と無言で歩き続けました。
写真を撮るときはかなり勇気がいりました。
なるほど、NYの表と裏がここにはっきりあるんだなーと
表の自由の女神やエンパイヤ、
ウォール街やブロ−ドウェイだけ見て、
NYよかったわと家に帰るわけにはいかないなと、
21歳の私は思いました。
初めての海外で英語もろくに喋れないのに、
今思うと度胸ありますね。

そんなわけでWTCにも行ってみたんです。
しかしそのときは特に思い入れはなかったですがね。

そしてあの飛行機が突っ込んで行く映像を見たのは
それから3年半後。
外で携帯電話で喋ってたんですが、その相手に
すぐ家に帰ってテレビを見ろと言われて
2機目が突入するとこは釘付けで見たんです。

そして10年が経って、ビン・ラーディンが殺害されたという
ニュースがありました。

報復の報復は終わりがないですよ。
NYは報復をますます警戒する都市になるばかりかと
思うと寂しいですね。

うちの保育園児は、ちゃんとごめんなさいが言えるし、
言われたらちゃんと許してあげる、ってことができます。
これ小さいときから、しっかり教わっていないと、
大人になると変な考えや、事象が大きくなってるから
余計に難しくなる。
突然できるわけないなと思います。
許すってほんとに難しいこと。
でも親が身をもって示さないと
難しい事だけに真剣に向き合わないと、
きれいごとだけでは伝わるはずがないんです。

でも殺し合いに殺し合いで対応している当事者の子どもたちは
どうなって行くんだろう?

いつかその国の子どもも大きくなって、
私たちの子どもはその子たちと渡り合っていく
(かはわからないけど)
暴力に支配され、恨みをもって大きくなってしまった子どもたちと
同じ時代を生きて行かねばならないのだな。。。


私と私の子どもたちが、自分の意見をしっかり持って
相手に伝える力を持っていないと、
のほほんと過ごしていたんではとても通用しない。
複雑で暴力に支配された社会にも、
理路整然と立ち向かって行ける人間にする礎が今なんだと思うと
私も、子育ても、もっともっと勉強しなくてはと思います。
[PR]
by photomama | 2011-09-12 17:02 | Days
MKEのPhoto♥mama
本来こうやって毎日書くもんなんですよね...ブログって。

今日も張り切って、MKEさんでのレッスンがありました。
7月のはじめにレッスンをしてから、長い夏休みでしたので
ほぼ2ヶ月ぶりの再会でした。

みなさんのお子さんがちょっとずつ大きく、
雰囲気がぐっと子どもらしくなっていました。

そしてレッスンの内容は、夏休み、テーマを夏にして
撮ってきてもらった写真の発表会でした!!

やっぱり写真を見せてもらうのって、楽しいです。
この2ヶ月、ママたちは頑張って撮影してきたんだなーって
すごくよくわかりました。

本日のメンバーは6名。
皆さんには何枚でも好きな写真を持って来てもらって
一緒にスライドショーにして見ながら、
さらにその中から一枚を選んでもらい、
6名分を並べて最終投票となります。
投票には、会場で子どもたちを見てくださるマイマイ先生と
保育士の秋元先生にも加わっていただきました。

今日たくさんの写真の中から、よりお気に入りの一枚を選ぶ作業、
これが難しかったですね。
どれも選べないっていうのは本音だと思います。

昔、学生の頃、有名な写真家が講演会に来ました。
トークショーの後、質問時間があったんですが
ある学生が「先生はどの写真が一番すきなんですか?」って
聞いたんです。
そしたら、「そんな、どれも大好きで選べないですよー」って
答えたんです。
須田一政氏ですけどね。

あーそーなんだな。と思いました。
この人にとって写真は自分の分身で子どもみたいなもの。
「姉妹、どっちの方が可愛いですか?」
って聞かれているようなもんで愚問ですよね。

ほんとに一球入魂じゃないけど、1枚1枚に愛がこもってる。
それを選べってのは酷なことです。

今日はその記憶が蘇りました。
ママにとって大事な写真の数々。
選びきれないほどの思いをこめて撮っておられるんだなーって。
子どもの写真って思い出が詰まってる。
この時あーだったとか、この後こけて怪我しちゃってとかね。

今日参加されたママたちには
この先、10年後20年後の楽しみをしっかり
貯金しているんだと思いますよ。

男の子が大きくなってママに反抗するようになった時のために
今の可愛い、そしてちょっとおもしろく恥ずかしい一面も
撮りためて、すぐ見せられるように写真集にしようと思ってる...
っていう素敵な話もありました。
長期計画ですけど、とてもいい話だなーと思って。
その男の子がまた親になった時、ママの写真をみて、
どんなに感動するだろう... 
その時こそ、その写真集は真の威力を発揮する気もします。
あー泣けるわ。


今日の発表の回は、なんとIさんの2連覇という輝かしい結果でした。
でも、どの写真もとってもよくって素晴らしい会になりました。
2位のYさんの写真もよかったですよ。
1票差でしたね。

みなさん写真ライフを満喫されています。


本日の写真。
我が家の夏。


d0166014_13451877.jpg


d0166014_13453344.jpg


夏は子どもをひとまわり大きくするんだなぁ...
[PR]
by photomama | 2011-09-09 13:48 | Lesson
おててくらぶのPhoto♥mama
非常に珍しいことです。
週1回更新できたらいい方の私が、2日続けてブログを書いてます。

今日からスタジオおててくらぶさんでPhoto♥mamaがスタート
しました。
やっぱり初めてってドキドキ緊張です。
前回体験会にご参加の方も多く、
お互いに顔見知りのメンバーだったりと
今日初回にしては、とても楽しくレッスンができました。
1歳未満のお子さんのママが多かったですし、
赤ちゃんは純粋に可愛い。
どの子もみんな可愛くって仕方なかったです。
我が家の次女だって、1歳9ヶ月でまだ授乳もしてるし、
立派な?赤ちゃんかもしれませんが。

そんな可愛い子どもを、
ママにありのまま可愛く撮ってもらうために
今日も張り切ってお話しました。
先日、ファミリーフォト撮影会でも思ったんですが
ママに見せる顔ってのは特別だし、
ママだから撮れる写真って絶対あります。

世界で一番信用しているママ、
赤ちゃんの全信頼をガッツリ受けて、
秋からのPhotomamaにもいっぱい撮ってもらいたいと思います。

写真の道は奥が深いですし、一日にしてならずですが。
ちょっとづつ、一緒にやっていきましょう!!


今日は早速、説明を踏まえて撮ってもらいました。

ママになるまでのバックグラウンドってそれぞれだと思うんです。
その感性もまた磨かれ続けているんだと思います。
だから、早くも私には思いつかないことを撮ってくれる人もいて
なるほどーって私も知らされることがあります。


ママになって停止してしまってるところってあると思うんです。
例えば、今日レッスンの隣でREGALOさんのママ用のエステも
あったんですが、エステって結婚前から行ってないわ!って
おっしゃってました。
ママになったために、美容にかける時間ももちろんそうですが
感性を磨く機会っていうか、意識的に右脳に働きかける時間。
美術館に行くとか、空気がいいレストランに行くとか、
一人ドライブとか、映画見るとか、ライブに行くとか、読書も。
要するに私のためのリフレッシュの時間ですよね。
そういう時間ってとれませんよね。

Facebook始めたんですけど、まだ使いこなせなくて
で、プロフィールのとこなんか、好きなテレビを問われても
ワンワンかサボさんかエリック(英語であそぼ)なんかしか
見てないし。。。
私って、私の趣味趣向ってなんだったっけ?っと
あらためて考えてるんです。今。
本も最近読めてなくて。

物理的に時間がとれなくても、
子どもとのかけがえのない密な時間を過ごしているんで、
今日みたいなキラキラ赤ちゃんをみると
リフレッシュなしに頑張れちゃうのかもしれませんけど。
赤ちゃんにとってママって生命維持装置だし、
ママもその責任を一手に背負って一生懸命だもんな。。と
よその親子を見ながら冷静に思っていました。
我が家ももうすぐ迎えに行ったら、
そんな子どもたちがいっぱーい散らかして遊んでくれます。


ま、ま、何が言いたいかと言うと、
写真って生活に近くって、子どもを直接撮れるし
子どもから離れなくても感性を磨けるとってもいい
ママのアイテムだと思うんです。
だから Photo と mama をつなげてすごいよかったと
我ながら思いました。

何十年後かに、この写真いいよねーって見返すことのできるような
そんな写真を目指して、一緒にやっていきましょう!
プロセスごと楽しんでほしいです。



今日はおててくらぶさんの午後からの女子会にも参加したんですが
そこにに来ていた、まだ小さい赤ちゃんのママの質問で
「もうちょっと動けるようになってからの方が
 写真はいいのが撮れますか?」って聞かれました。

私は「その時その時が、かけがえのない時間だから
寝んねの赤ちゃんにはそのときにしか撮れない写真があると思いますよ」
ってお話しました。


で今日の写真。

長女のねんねの頃。
このときはまだ我が家もコンパクトデジカメでした。


d0166014_1545935.jpg



そして4年が経って


d0166014_15461872.jpg



手がこんなーに長くなりました。
顔はあんまり変わってないような。

「お昼寝はしたくないんですけど....」とか言ってます。
○○なんですけどってのが最近の口癖。
子どもっぽい口調ですよね。

おっきくなったなー。
涙腺ゆるくって泣けるわ。
[PR]
by photomama | 2011-09-08 16:00 | Lesson


カテゴリ
Lesson
Days
Photo♥mama Info
PHOTO524 Info
PHOTO524 Works
photo
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
Link
りんごぐみ
ママとキッズのための癒しサロン

花うたDiary
プリザーブド、フラワーアレンジ教室のNabika先生ブログ

Maimai Kids English
茨木キッズのためのハッピー英会話教室

おててくらぶ
高槻市のママとベビー&キッズのための教室

KIDSmeet DISCO
親子で楽しめる音楽イベントの開催を企画するママの団体
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧