カテゴリ:Days( 87 )
賢いママになりたくて 
私が昨年9月やった会。詳細はコチラ→
を今年も食に関することを...と思っていたのですが
私がやらなくともいろんな方があちこちでしてくださって。

先日もスタジオおててくらぶさんで行われた
フードナビゲータAkiさんの 食から考える 放射能対策講座→
に行き、たくさんの参加者様と一緒に勉強して来ました。

Akiさんのブログはコチラ→


そして、今度行くのが
ユカリンこと山岡先生の子宮塾。詳細はコチラ→
これも残席2とのことですのでもう埋まっているかもですが
とても楽しみにしています。


学ぶことは楽しく、豊かになる。

知らないから不安になる、だから、知って自分で選択する。

ちょっと楽に過ごせるようになった気がするんです。
腑に落ちたというか。

それに素晴らしい仲間が増えたのが何より嬉しい。

今年はたくさん出会い、もっと学びたいと思っているんです。

そんな場がないなら作らなくては!と思っていたのですが
素晴らしい仲間が作ってくださる。


で、さらに私は今後、
何をするかということもずっとずっと考えていまして
やはり子ども×アートを写真の観点から
というテーマを持っています。


夢はドームか城ホールで、オトナも子どもも楽しめるような
アートイベントです。

夢なので、いいのです。でっかくて。

そのためにも一つずつ、今年のプロジェクトも考えていて
まだまだ発表段階ではないけど...プププ。
実現するといいな〜。
簡単にはいかなくてもなんとかやってみたい。

そして、個展という夢も今、5/22から実現になります。
今日DMできてきたので、たくさん配ります。


たくさん選択肢のある時代だからこそ、迷いがちだけど
賢い選択を、愛をもって、心から楽しく。

そんな仲間がこれからも増えるといいなーと思います。



d0166014_171019.jpg




おっ?! ピックの使い方もあってるね。
[PR]
by photomama | 2013-05-09 06:08 | Days
GW島根キャンプ
GWは結構お仕事もあって、
毎日ヘロヘロなりながら洗濯、食事の支度など
家電製品のタイマー機能をフル活用して頑張っています。

七五三のご予約の件もそろそろUPしないとなーと思いつつ
まずはこれまでお問い合わせ、お待ちいただいている方に
ご連絡をさせていただきます。

そんなこんな中にあって
キャンプには行ってしまいました。島根へ。

キャンプ、疲れるでしょ?大変でしょ?と言われますが
我が家にとっては「癒し」に他ならない状態で、
自然の中で寝起きして食事をし、
温泉にはいることがこんなに気持ちいいことなのか?
と知り、また明日から頑張るための休息なんです。

うちにはぴったりだったみたい。

逆に行かないと禁断症状がでてしまって、
子どもも「次はいつ行くのか?」ばかり聞いてきます。

キャンプの帰りには次のキャンプの話をして
あそこに行こう、あれを見ようと話も尽きません。

2泊3日で行ける時は片道4時間くらいかかってもいいかなーと
思うのですが、島根県思っていたよりも近く、3.5時間くらいです。


そしてこのキャンプのメインテーマは
「木次牧場へ行き、現地でしか買えない牛乳を飲む」でした。

最近は色々考えて、乳製品を豆乳に切り替えている我が家。
特に問題はないのですが、
ヨーグルトもたまには食べたいなーと思って。

木次の牛乳はこちらでもたまに購入しますが
生産量が少なく、現地しか売っていないラインがあると知り
行ってみたいなーと言ったら
近くに「健康の森」というキャンプ場があるよと
夫が調べてくれました。



d0166014_846207.jpg



施設使用料がとってもリーズナブルな上にほぼ貸し切りだった。

ほんとキャンプ場はあちこちにあるし、温泉もたくさんある。

海が近いというのに魚介が苦手な夫は、早速ビーフを検索。
島根和牛というのもあるらしい。check完了。

初日の晩ご飯はBBQ。
ちょっとだけ慣れて来た我が家は、
まずは近くの道の駅を目指し地元の野菜などを購入。
足りないものはスーパーへ。イカゲット!
温泉施設の休みや最終時間なども確認して
なかなかいい調子。

テントの設営と撤収にはまだまだ時間がかかりますが
今回から導入のコンテナが大活躍だったこと。
大きなテーブルはもう不要だ、などなど。
我が家スタイルも出来てきました。


これがその牛さんたち。



d0166014_8472517.jpg




子牛がたくさんいるということは
自然におっぱいがでる牛がたくさん居るということ。

とても人が好きみたいでなんだか嬉しい。
一方で和牛も食べてるんだけどね...


動物大好きの長女はずっとこうしていました。



d0166014_8484039.jpg




一方次女はまだちょっと腰が引け気味。



d0166014_849095.jpg




奥出雲ワイナリーで最近夫も飲むようになった赤ワインを購入。



d0166014_8495044.jpg



とってもすてきなところでした。


出雲大社にも初めて行きました。



d0166014_850388.jpg




もっと神話とか勉強して、子どもにも言ってあげたらよかったのに
うろ覚えでなんとなーくしかできませんでした。
今度はもっと意味のあるもにしよう!

2日目は地元産のものだけでクリームシチューを作りました。
写真はないけどびっくり美味しかった。

今回は晩ご飯が今までで一番美味しく楽しかった。
たくさんの星も見れたし、朝は鳥の声で目覚めて
夜もフクロウかな?猛禽類らしい鳥の声が聞こえていました。

最終日はゆっくり片付けしてから周辺を散策。



d0166014_8525671.jpg






d0166014_853917.jpg



そんなに大きい口空けてたら逆に吸ってしまいそう。


お昼ご飯はお楽しみの外食。
人気のお店「cafe naka蔵」へ行きました。

夫曰く、もはや華道の域にあるサラダ。



d0166014_8533093.jpg




カレーが大好きなのに、やっぱり寝てしまう次女。
宙をすくいながらも限界。



d0166014_8535075.jpg




でもこの後起きて完食しました。

帰りはまた温泉に入って、ゆっくり帰って来ました。
子どもは車中でぐっすり寝てしまいました。
この段取りが一番平和だわ。
[PR]
by photomama | 2013-05-06 08:57 | Days
はかなきこと。
突然ですが、人生はトントンだと思う。

いい時もあれば悪いときもあって。

人は痛くないときに自分は痛い痛いと思っていても
こんどは人が痛がることが、自分には痛くなかったりするので
ああ、なるほど、あのとき痛い思いをしたらか
私はここであまり痛くないんだなーと思う。

この経験が他にもあてはまるんじゃないかと思えて。

大きな波があっても、常に穏やかに見える波でも
結局、器に入っている水量は変わらないというか。

広い目で見ればね。

この広い目というのは、
年齢がもたらしてくれるものでもあって
また、経験が教えてくれるものでもあって。

考え方次第で
辛い痛みも和らげられるんだなーと思うようにもなったら
毎日おもしろくて仕方ないんです。

だから、停滞しているのはもったいなく思えて。

エネルギーが、湧いてくるのがわかる。

ありがとう。色々。諸々。


全然関係ないんですが、昨日家庭訪問で
初めて、子どもの先生がうちにやってくる。

スリッパ出して、「どうぞ、どうぞ!」の
先生と保護者対面の図。をやったんですが。

お若く元気でぴちぴちした感じの女性です。


で、家庭訪問っていったいなんなのか?

時間になったから来て、時間がないから帰るという
別にお越しいただかなくともできるお話をして
「....では」的な時間だったんですがね。

春の風物詩と言っておられる方がいらっしゃいましたが
なるほど、納得の言葉です。

とりあえず、うちがきれいになってよかった。

はかなきこと、いみじくおもしろし。



d0166014_13113276.jpg



[PR]
by photomama | 2013-04-26 13:11 | Days
春のキャンプ 最終回
九州、大分キャンプ三部作、最終回。

4/3、朝7時から、久住高原の暴風と言おうか突風というか
とんでもない風の中、テントもたたむのもやっとに
髪の毛を逆立てて、夫と片付けに勤しみ続け、

ようやく片付けのゴールが見え始めた頃、
なんだか風も天気も穏やかに、目の前に雄大な景色が広がって
清々しい気持ちでした。


d0166014_20241657.jpg




一方、夫は買ったばかりのドームシェルターの
フレームが風で曲がったかも...と凹みまくり。

そのシェルターを買った時、キャンプ用品専門店のご主人が
「久住高原に行く」と言うと、
「あそこはいいよ!ちょっと感動的な景色だよ!」
と言ってくれてくれて、それがとても嬉しかった。
楽しみで楽しみで仕方なかった夫。

この強風で雲を吹き飛ばし、今、目の前に雄大な姿を見せたというのに
無情なことにフレームまでも曲げてしまったのでした。

ついでにメッシュの部分も少し破れたのね。

でもでも、そんなもんはツギをすればいいし
久住の勲章みたいなもんじゃないか!


ま、気を取り直して、さらにぼさぼさの髪の毛も直して
早めのランチへ。

その日は、オススメのレストラン「Bear」さんへ行きました。

行く道も、途中から舗装されておらず、
細い道を登っていくので、ほんとにここ?ここなのか?
ここにあるのか?って何度も言いたくなる山の上。

やっとついたそのお店は
間違いなくハイジが走ってはったでしょ!
っていうロケーションの山小屋。
暖炉もあってステキなお店。



d0166014_20245225.jpg



私はスペシャルランチをいただきました。



d0166014_20313393.jpg




お子様プレートも色とりどりの野菜いっぱいでしたが、
完食の写真しかありません。



d0166014_20303812.jpg





d0166014_20255236.jpg



その後も景色を楽しみ、お店のご夫婦にお話を聞いたりして
気持ちがいいおもてなしを受けました。

なんと言うか、目が綺麗なんですよね。
澄んでいるんです。

空気がきれいで、水がきれいで、食べ物がきれいだと
目も心も澄んでくるんだろうなー。
と思わずにいられませんでした。



d0166014_20261079.jpg



ええなーええとこやなー。


その後、お楽しみの有名なソフトクリームを食べに。
次女はなぜか最後まで、「ガリガリくんを食べる!」と
牧場に来てなお探していましたが。



d0166014_20262392.jpg






d0166014_20315419.jpg




その後、湯布院で温泉に寄って
夜はフェリーで帰って来ました。



d0166014_20264391.jpg




「九州バイバーイ」と言いながら、紙テープを港に投げて
大航海な気分。

夜はまったり個室で過ごし、朝に神戸港につきました。

この間、撮影した写真は750枚。

車中泊、テント2泊、船中1泊の旅でした。

今年もいい春の家族旅行ができてよかったなーという
キャンプ三部作、ただのうちの記録でした!

ご清聴ありがとうございました。





※PHOTO524の日の募集の件。
5/24の無料撮影のお知らせをすると以前に言っていましたが
まだ確定していないので、決まり次第、お伝えいたします。


[PR]
by photomama | 2013-04-07 20:29 | Days
春キャンプ
全くもって更新のないブログとなってしまいました。
また書いていきますのでよろしくお願いします。

実は長女の入学を前に、平日が休みの夫と休みを合わせて
春のキャンプに行って来ました。

ほんとは春休みの間に家族旅行をしておこうと
念願の沖縄がいいんじゃない?と言っていたのですが、
当初の予定より遅くなり4月から休みということになったので
飛行機も宿泊もMAXの料金になるじゃないか....

ということで、だったら去年から始めたキャンプをするでしょ、
今でしょ!ということになりました。

行き先は久住高原。
大分県です。

これはなぜか夫がネットを見て、温泉があるサイトだし
行きたいと言いまして。
温泉大好きな私は即のりました。

しかし大分出身の方に聞くと、「あそこは寒い」ということで
防寒対策をバッチリにしなくては。。。

3/31の朝、夫が仕事に行く前に大きな荷物を車に積み込み
たっぷり荷物が乗ったまま私は日中撮影に行き
深夜に夫を会社に迎えに行くという弾丸ぶり。

子どもたちはキャンプに行けるというのが
とっても嬉しいらしく、夜出発だと言っても
「もう暗くなったから行こう!」を繰り返す次女。
出発までに一人ですべての洗濯を干してくれた長女。

と二人とも楽しみでならない様子。

深夜0時前に家を出て、走り続け、
10時間くらいで大分につきました。

私は九州は何度か行ったことがありましたが
阿蘇山に行ったこともなく、
山に木がないのでびっくり。

子どもたちも朝7時頃から起きて
もう限界だよなってころに
壮大な景色の久住高原につきました。



d0166014_2155370.jpg




高原のフリーサイト、春休みだしいっぱいかなーと
言いながらチェックインの時間にいってみると、
うちと、どうやらもう一件しか来てません。

相当寒いらしいやん....ということで
今回用意したドームシェルターとテントを立てていると
お馬さんが近くまでやって来ます。



d0166014_2161534.jpg




何度か乗馬体験をしたことがある長女はもう乗りたくてウズウズ。

明日は天気も悪くなるみたいだから、
今日はBBQをしよう!ということで
途中で豊後牛を買って来たのでした。

あと、ものすごい頻繁に道の駅があってびっくり。
サラダタマネギというのを買ったのですが、
それをホイルで蒸し焼きにするだけで、
ポン酢で食べる、クリームチーズをトッピングするというのが
とっても美味しくて子どもたちもたっぷり食べてくれました。

できるだけ、食材の現地調達をしたいということで
今回は調味料くらいしか持っていかないという
ちょっぴり進歩した2013我が家のキャンプです。



d0166014_2162770.jpg




長くなるので続きはまた次に。



今後のお知らせです。



   

○4月撮影イベント
「パパママベビマ」@豊中市  Smily mom~スマイリーマム〜さんの
ベビーマッサージ教室での撮影です。
詳しくはこちらをご覧下さい。→

○Photomama おててくらぶ6月開始 
ビギナー編 満席 になりました。
アドバンス編 残席3 です。

○5月22日から増田えみ写真展
「まなざし」東大阪コマカフェにて。


[PR]
by photomama | 2013-04-06 21:10 | Days
卒園式にて
長女、5年間保育園に通いました。
1歳から、6歳まで。

1歳2ヶ月から2歳8ヶ月くらいまでは
私は外に働きに行っていました。

決まった時間に電車に乗って行き、
残業はなく、時間になったら帰る、決まった日がお休み。

その後、自分で開業することにしました。

自分で仕事をする方が遥かに仕事量が多いです。
PHOTO524は今年で3年目。
依頼をいただける撮影はなんでもしてきました。

そんな中、
保育園に甘えて子育てしてきたなーとつくづく思います。

保育園で給食があるから。お昼寝があるから。
保育園で季節の行事があるから、
体育があって、プールがあって身体を動かしているから。
食育でご飯を作ったりする日もあれば、工作をしたり。

と家ですることもしてこなかった。

たくさんのお友達がいて、小さいころから家族のように
一緒に寝て、着替えて、ご飯やおやつ食べてきた仲間がいて
みんな下の名前を呼び合って楽しそうにしているから。

と安心して来ました。

朝は7時半に門が開くのを表で待っていた日もあるし、
一番最後にうちの子だけが姉妹で遊んで待っていたこともあります。

もちろん、間に合わない日は
お姑さんにもたくさん子どものお迎えをお願いしてきました。

一人では到底、仕事と子育てを両立なんてできません。

卒園式はそんな甘い生活からの親への卒業の儀式なのかも
しれないなと思いました。

卒園証書を授与される際、
壇上で親と対面式に座っている子どもの名前が呼ばれると
「はい!」といい返事をして降りて来ます。

その後ろに保護者1名が出て同じラインを続いて進み
子どもが受け取るのを真後ろで見守るシステムでした。

園長先生に証書をもらうと回れ右して、そのまま親に手渡します。

その後、お花を一本渡された子どもが、
親に、しかも一言添えてまた渡すという
まさに親のための卒園式の演出でした。

みんな概ね、「ママ、いつもありがとう!」的なことを
言うのですが、声や言い方などを聞いていても微笑ましく
しみじみ。涙がでてくるのです。

これはちょっと反則。

で、私はいつも通りカメラを持って、順番を待っていました。

子どもが証書を受け取るとき、真後ろから写真撮ったら
不謹慎かな~と思いつつ。
あー撮りたいな、どうしようかな...と悩んでいたわけです。

当然、そんな場面で写真撮る親はいないんですけどね。

長女の後ろに立つし、顔は見えないのですが
さすがに前に回り込むのはやり過ぎだろうと思うわけで。

で、まー結論、撮ってしまいました。



d0166014_20201236.jpg






d0166014_20202262.jpg




証書を受け取りに行く後ろ姿はノーファインダーで。
受け取るシーンは4枚だけ、パパパパっと。ゲリラ的に。

いつもは子どもの目線に会わせて
写真を撮りたいと思っているんですが
今日は親として、ここに立っているので
親の目線のまま、子どもの後ろ姿を撮ろうと思いました。

その後、教室で「さよならぼくたちの保育園」
という歌を唄いました。
これ、最近の定番ソングなんですってね、知らなかった。
めちゃくちゃいい唄です。

今度は子どもから先生にお花を渡して解散しました。



d0166014_20212739.jpg




そして、
夜は謝恩会という名の飲み会で夫がヘベレケになった
というのは、また別の話。
[PR]
by photomama | 2013-03-19 20:23 | Days
親の気持ち。
今週も色々と撮影させていただいたり、講座をしたり
目白押し。

でも、今日はママ業の話。

元来、私はそれほど社交的ではないです。
自分から他人に、それもあまり知らない人に
話かけて仲良くなっていくなんて不得意です。

しかし、こうやって、
写真教室なんて唱ってたくさんの人に
お集りいただいているわけですが、
それは場を作ることで、
自ら割って入っていかなくても、来てくださる。

そして、カメラという共通の話題があるので
困らないし怖くないからなんですよ。

昔はお店なんかで、店員さんがものすごーく親しげに話かけてくると
「逃げる」か、「買う時はアナタに頼みますから」とか言ってしまう
青くさい人間でした。そもそも、喋りかけんなオーラ出しまくり。

今はさすがに「はーい、わかりました~」と軽く返事をしますよ。
これでも第一印象が大切だから!と思って
気をつけているんですよ。仕事のときは特に。

そしてママになって、ほんと色々変わらざるを得ない。

というのも許しがたい出来事がありまして。

それも今回、子どもに対しての出来事だったので。
ずっとおとなしくしていた私も
さすがに怒り心頭しました。

マル2日。寝られなかったです。
布団に入っても怒りが込み上げて一睡もできない。

だから何に怒っているのか?
どう思っているのか?を書き出しました。

するとそれは、素直な「親の気持ち、悲しみ」だとわかりました。

それは、A4用紙に3枚びっしりと、ご丁寧に考察までつけて4枚。

全力で書いて、そのまま相手に全力でぶつけてました。


そしたら向こうも全力で受け止めてくれたように思います。
(私があまりに本気だから、せざるを得ない感じ?)

するとその後、不思議とコミュニケーションが
以前よりとりやすくなったような。気がする。

ま、そこも前向きに受け止められそうな人を
選んで渡してはいるんですがね。

あと、相手の立場やご苦労も想像できるようになりました。

何が言いたいかというと、
怒った→ぶつけた→開けた(気がする)
ということです。理解できたのかもしれない。

ぶつけないと何も変わらない。
「怒る」ということは、ある種相手への興味なんですね。

今までだったら、「なんだあんな対応して!もう二度と関わらない!」
という「去る」「諦める」という手段を取ってきたのにな。

ママになったということで、こんなにパワーが出て
ぶつかっていったら視野が広がった。ということです。

子どもが一つの「譲れないライン」を作っている。
子どもを考えると、新しい手段も行動も、
とにかく何とかしなければ、と思える。

これからもいろんなことがあるんだろうな~。
でも大丈夫と思った。

正面から行けば悔いはない。私は一人でもやるけどね。

こういう問題発生時においては、夫と意見が必ず一致するから。
だから余計にいけると思う。



最近、『抱きなさい 子を /浜 文子 作 』
という詩がFBにあって知ってから、
子どもともっと大切に生きようと思った。

今日は「おおかみこどもの雪と雨」も見たしな〜。



d0166014_2394647.jpg




写真は、cafe ネコパン にて。
[PR]
by photomama | 2013-03-08 23:10 | Days
おそろいのスカートで。
長女の小学校の入学式に向けて、何を着ようかな?

ということで、実は秋からお願いしています。

母子でお揃いのバルーンスカートを作ってくださいと。

長女は日頃我慢させていることも多いので
特別感のあるものにしたかったのです。


お願いしたのは、Akinagai さん。

ちょうど1年前に彼女のHP用にと作品の写真を
撮らせていただいたことがありました。


d0166014_11554574.jpg




こんな感じですてきなバルーンスカート。



d0166014_11555930.jpg




初めてお会いしたとき、
ご本人もこのコートを着ていらっしゃいました。
すごいステキで印象に残っています。

やっぱり服って大事!


そのとき30点近く撮影したのですが、
とってもすてきで、いつか頼める日が来たらいいなーと
思っていたのでした。

そんなAkiさんのHPはこちらです。


イタリアで修行されたというAkiさんのデザインや色使いは
とってもステキです。

それを自分のためだけにオーダーで作ってもらうなんて!
なんて贅沢な話でしょう。

きっと長く使えるお洋服になること間違いなしです!
うん価値あるな!

昨日、サイズ合わせに行きました。



d0166014_11562642.jpg




長女はこのスカートの一色から赤のセーターを着るか
グレーっぽいジャケットにするかな〜。

私はいつも気に入って着ている黒のジャケットに合うように
丈やデザインをすべて考えてくださいます。

後々、使いやすいように。
お尻のラインはふんわり隠してくださるようです。

5月の個展の時のこの服で決まりだな!

一応、パパも布が残れば蝶ネクタイを作ってくださるそうです。


Akiさん、シチリアに勉強に行って帰ってきた翌日だったので
すてきなお土産をいただきました。



d0166014_11564266.jpg



おいしそう!
[PR]
by photomama | 2013-03-01 11:57 | Days
ひとりごと。
今日はうちのバレンタインの話。単なるひとりごとです。

お料理好きの長女のことだから、
バレンタインデーは誰かに渡すと言うだろうと
材料だけは用意していたんです。

マフィンでも対応可、ということでチョコチップなども。

でも今年はハートのチョコがいいというので
溶かしていれるだけ、簡単ですが
こころを込めて作ってました。



d0166014_0301170.jpg



なぜかパパも興味をもって手伝ってくれました。

ま、まだ年長なんで、保育園に持って行ってもな〜と
思うのですが、去年も持って行ったので
封筒にいれてカモフラージュして持たせたら...


朝からそわそわしている男子が長女の鞄を覗き込み
誰に渡すのか問いただすもんだから
先生にばれて没収され、
お迎えにいったら、返却されてしまいました。



d0166014_0305535.jpg


せつないチョコ。


理由は「他のお友達も欲しくなったら困るから」
「あげた、あげてないの問題になったら困るから」
「保育園に関係ない物を持って来てはいけないから」
「お母さんからお母さんに渡してください」
極めつけは
「他のお友達にも同じように対応しましたから」だって!


途中で「アホか!」と言いそうになりましたが
子どもの前なので
「はい。」「はい。」と返事しておきました。


つまらんの〜。


次女も意味も分からず作ってお友達に朝、渡そうとしたら
誰もその意味がわからず、もらってくれませんでした。

なので「パパと一緒にたべる〜」と、持って帰ってきました。

これは作ってる時の次女。チンギスハーンじゃないよ。


d0166014_0313139.jpg


試食係。
[PR]
by photomama | 2013-02-15 00:33 | Days
人気者の次女。


d0166014_1151953.jpg



フラメンコを踊る白雪姫。



d0166014_11512498.jpg



昨日も食べながら寝てしまう次女。


次女が面白くてね。

もう存在がだいぶ面白い領域に達しているので(本人は図らずも)
これは桂枝雀師匠の目指したところではないかと
親の私も少しおののいています。

Facebookにも写真をUPするんですが
だいたい、いつもコメントを下さる方がいるんです。

で、先日その方にお会いしたとき
「節分は何もしなかったの?」と聞かれましたので

「え?節分?そういえば前日にお寿司食べに行ってしまったので、
特になにもしなかったよ」と返事しましたら、

「節分は何か面白い写真がUPされるに違いない!
と思って待っていたのにぃ!」
と言われました。


うちの子のまったくもって日常の写真を
そんなに楽しみにしてくださっているのか...と驚きました。

これまでにも「次女ちゃんのファンです!」と言ってくださる方や

「エアギターの写真はおもしろかったですね!いつも見てますよ」

と言ってくださる方はいらしたので
「嬉しいな〜」とは思っていたのですが

まさか!先読みして「節分はどんな写真がUPされるだろう?」
とまで予想して待っていてくださる方いるとは思いもしませんでした。

いや〜ご期待に添えず申し訳ない。

節分は餃子だったかな?
一緒に作って、楽しく普通の日を過ごしてしまいました。

保育園で豆まきをしたらしく、今次女は鬼がとても怖いようなのです。

テレビで豆まきの映像なんかをみても隠れているのでそっとしてました。

NHKのみぃつけた!で「ガジリ」が出てきても隠れてますから。


で、その友人なんですが、知り合ってから日は浅いものの

ず〜っと前から知っていたくらいの勢いで親しみやすく面白い方です。
なんか笑ってしまうんですよ。

このかた、堀育子さん。



d0166014_11514076.jpg




小さなお子様をつれて、ご自分の興味のあることには
どんどん積極的に行動される元気丸出しの方です。

こうやってオトナになってからどんどんすてきな友達が増えて、
ほんとに嬉しく楽しい私です。



さて、ここからはご案内。

2月28日木曜日 堀さんがスタジオおててくらぶさんで

「わらべうたベビーマッサージ」の講座をなさいます。

実は堀さんはベテランの看護士さん。
産婦人科などにご勤務されていた赤ちゃんとママの味方です。

ご自身も小学生と0歳のお子さんをもつ2児のママです。

堀さんはお話が上手なのもさることながら、
裏付けされた知識の豊富さに頷かずにはいられません。

小さいお子様(2ヶ月から参加できるそうです)をお持ちのママ。

彼女からベビーマッサージを学びませんか?

「ママだから知りたい・・・

流行の病気や症状をいち早くチェック

予防法に対処法、症状別 対応などのお話もします。」とのこと。


詳しくは彼女のブログをご覧下さい。
こちら→http://ameblo.jp/haghag-hause/entry-11428345419.html

きっと楽しいですよ。

3歳でも参加していいみたいなので、
私も確定申告を早く済ませて参加したいな〜。
[PR]
by photomama | 2013-02-12 11:52 | Days


カテゴリ
Lesson
Days
Photo♥mama Info
PHOTO524 Info
PHOTO524 Works
photo
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
Link
りんごぐみ
ママとキッズのための癒しサロン

花うたDiary
プリザーブド、フラワーアレンジ教室のNabika先生ブログ

Maimai Kids English
茨木キッズのためのハッピー英会話教室

おててくらぶ
高槻市のママとベビー&キッズのための教室

KIDSmeet DISCO
親子で楽しめる音楽イベントの開催を企画するママの団体
その他のジャンル
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧